『ONE PIECE』ベガパンクはウタのクローン!?『FILM RED』から設定逆輸入か

『ONE PIECE』ベガパンクはウタのクローン!?『FILM RED』から設定逆輸入か

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

絶賛放映中の劇場版『ONE PIECE FILM RED』。そのヒロインである“世界の歌姫”ウタは、なんと連載25周年にして初めて登場した、ルフィの幼なじみだ。そのウタが、意外な形で本編に登場しているのではないか…と、ファンの間で話題となっている。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』43号に掲載された第1061話『未来島エッグヘッド』では、Dr.ベガパンクが登場。これまで謎に包まれていた天才科学者が、ついにその姿を読者の前に現した。

ところがベガパンクの姿は、なぜか若い女性のような見た目。「世界最大の頭脳を持つ男」という異名を持ち、これまでには「ベガパンクのおっさん」などと呼ばれていたため、おそらくその姿には何らかの秘密があるのだろう。

それはともかく、一部の読者たちを震撼させたのは、ベガパンクの見た目がウタにそっくりだったことだ。片方の目を隠す髪型、特徴的な長いまつげと、顔の各パーツが一致。さらにオーバーサイズの上着を羽織っていることや、ヘッドホンめいた耳元のデザインまで似通っている。

そのためネット上では、《ベガパンクめちゃくちゃウタに似てるじゃん…》《ベガパンクこれウタと完全に無関係は無理があるな》と、2人のつながりを直感する人が続出しているようだ。

ウタが本編の重要人物に?

もし偶然の一致ではないとすれば、なぜベガパンクのボディはウタにそっくりなのだろうか。

まず、ベガパンクが遠隔操作によって、サイボーグの身体を操っているという可能性。この場合、素体の見た目がウタに似ていることには合理性がある。というのもウタは「ONE PIECE FILM RED」において“世界の歌姫”として名を馳せていたため、ベガパンクがデザインのモデルに選んだとしても不思議ではない。

また、ベガパンクを名乗る存在が、クローンである可能性も想定してみよう。この場合、ウタの「血統因子」を利用してクローンを作ったため、見た目が酷似していることになる。

ほかにも読者の間では、《ベガパンクはウタの血縁者なのでは?》と、2人が血縁関係にあると推測する声や、《尾田っちREDの人気ぶりにビビって急遽本編に擬似的にウタ出そうとしてない?》と邪推する声も。

いずれの説も今のところ憶測にすぎないが、過去には『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の敵「金獅子のシキ」の名が登場したりと、劇場版の要素が逆輸入されたことがある。ウタが何らかの形で登場するのも、ありえない話ではないだろう…。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】