『ジャンプ』打ち切り候補先が急展開! まさかの盛り上がりで人気爆発

『ジャンプ』掲載順“ドベ2”にブレイクの兆し? 急展開で打ち切りを避けられるか

『ジャンプ』掲載順“ドベ2”にブレイクの兆し? 急展開で打ち切りを避けられるか (C)PIXTA

『週刊少年ジャンプ』の連載作品は、読者アンケートをもとに容赦なく打ち切られることでお馴染み。そして打ち切り間近の漫画は、散り際の輝きとばかりに急展開を迎えることもある。現在は『すごいスマホ』と『ALIENS AREA』にその現象が起きているようだ。

ドベループから抜け出せず

「ジャンプ」では掲載位置が低いほど人気が低迷しており、打ち切りに近いというウワサ。そこで9月26日に発売された43号を見てみると、ワースト1が原作・冨澤浩気、作画・肥田野健太郎の「すごいスマホ」、ワースト2が那波歩才の「ALIENS AREA」となっている。

ちなみに先週号では、「ALIENS AREA」がワースト1、「すごいスマホ」がワースト2という掲載順。それ以前からも掲載順が低迷しており、巻末付近の常連となっていた。

両作品に共通していたのが、ストーリー展開のテンポが遅めだったこと。「ALIENS AREA」は異星人を取り締まる警視庁公安部の秘密組織「外事第5課」の活躍を描いているが、作品の大テーマを提示することなく、日常系のような回が何度も挟まれることに。

また、「すごいスマホ」は令和版デスノートとも呼ばれたユニークなストーリーだが、今ひとつ方向性がハッキリしていなかった。

急展開によって人気漫画に!?

しかしここ最近、両作品のストーリーが大きな変化を迎えている。まず「すごいスマホ」では、これまでほとんど1人で戦ってきた主人公の“仲間”として、魅力的な男女キャラが登場。

さらに敵対していたキャラクターも掘り下げが行われ、物語の“大ボス”となることが仄めかされている。今後は主人公パーティーとの激突も予告されており、さながら夜神月にL、ミサミサに魅上照が出そろったような印象だ。

また「ALIENS AREA」では、主人公属する「外5」と、異星人の技術を悪用する団体「A3」が全面抗争へ。個性的な顔ぶれの「外5」メンバーたちが登場しており、『HUNTER×HUNTER』さながらの能力バトルが期待できるだろう。

山場を迎えた物語に、突如としてファンが急増中。ネット上では《エイリアンズエリアもすごいスマホも面白くなってきた》《すマホとエリエリが息を吹き返してる》《頼む。すごいスマホに時間をくれ!》《まさかこのタイミングでエリエリがガチ覚醒するとは思わないやん…》と期待の声が飛び交っている。

エンジンがかかるのが遅すぎたとはいえ、確実に読者の心を掴んでいる2作。果たして打ち切りのデッドラインまでに間に合うのだろうか…。

文=野木

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】