“最悪の世代”の紅一点ジュエリー・ボニーは何者? バーソロミュー・くまとの謎めいた関係

“最悪の世代”の紅一点ジュエリー・ボニーは何者? バーソロミュー・くまとの謎めいた関係

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』43号に掲載された『ONE PIECE』に、これまで物語の本筋に絡んでこなかった「最悪の世代」の1人、ジュエリー・ボニーが登場。読者の間ではさまざまな考察が繰り広げられてきたが、その正体を今こそおさらいしておこう。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

「ワノ国」を出発し、次の目的地に進んでいた「麦わらの一味」。その前に巨大な暖水渦が出現し、渦の中から子ども姿のボニーが現れる。そして第1061話『未来島エッグヘッド』では、大人に戻ったボニーがルフィたちと邂逅を果たすことに。彼女は「エッグヘッド」に研究所を持つDr.ベガパンクに用があるのだという。

ボニーは、ルフィたちと同時期に「シャボンディ諸島」に上陸した「11人の超新星」の1人。しかしまともに活躍が描かれたシーンは皆無で、今回のエピソードにてようやくルフィと出会うことに。おそらく、ベガパンクと並んで「エッグヘッド編」におけるキーキャラクターの1人となるのだろう。

そもそも、ボニーは初登場からかなりの時間が経っているにもかかわらず、未だに謎の多い人物。ただ、海賊になる前は世界政府の監視下に置かれていたらしく、世界政府にとって何らかのカギを握る人物であることは間違いないようだ。

さらに、2018年10月発売の『VIVRE CARD~ONE PIECE図鑑~』ではボニーに関する重要な情報が。ラフ画のページにて、「ベガパンクに父を元通りにさせる」というメモ書きが記されていたのだ。