アニメ『はたらく魔王さま!』とは何だったのか…続編決定も不満の声「黒歴史もいいとこ」

アニメ『はたらく魔王さま!』とは何だったのか…続編決定も不満の声「黒歴史もいいとこ」

アニメ『はたらく魔王さま!』とは何だったのか…続編決定も不満の声「黒歴史もいいとこ」 (C)PIXTA

人気ライトノベル原作のアニメ第2期として放送された『はたらく魔王さま!!』が、放送終了。新たなアニメ企画も発表されたものの、なぜかファンたちは不満げな様子だ。中には「1期で終わっておけば…」といった恨み節まで飛び交っている。

神アニメだった第1期から一転…

同アニメの原作である『はたらく魔王さま!』シリーズは、『電撃文庫』から全21巻がリリースされた大人気ライトノベル。2013年にはアニメ第1期が放送され、ファンタジー世界の魔王が現実世界でシビアな生活を送る“庶民派フリーター・ファンタジー”に、多くのアニメファンが夢中になった。

そんな大好評のアニメ第1期を制作したのは、『ご注文はうさぎですか?』シリーズや『シュタインズ・ゲート ゼロ』など、さまざまなヒット作を手掛けた『WHITE FOX』。高水準の作画にかわいらしいキャラクター、やたらとリアリティのある演出などによって、“現実世界で生活する魔王”の物語を表現していた。

しかし第2期では制作会社や監督が一新され、キャラクターデザインもガラッと変更。そのためPVが公開された段階から、第1期と比べられてしまい、批判の声が上がることに…。

続編を嫌がる原作ファンも

結局、最終話まで放送されても、第2期の評価は覆らなかった模様。SNSなどでは、《1期ってすごかったんだな~ってあらためて思った》《なんでこんな有様に?》《作画が酷すぎてほんと黒歴史もいいとこ》《作画が1期と違いすぎて別アニメにしか見えない》《作画崩壊してるわ、アニオリ展開つまんないわ、テンポ悪いわでガッカリした…》などと酷評されてしまっている。

さらに“アニメ第2期続編”の制作が決定し、2023年に放送されるそうなのだが、《あの出来で2期続編か…思い出の中でじっとしていてくれ》《続編やるの? 低クオリティーすぎて今期最底辺クラスなのに?》といった声が。

アニメ続編と聞けば喜びそうな原作ファンですら、アニメ第1期の楽しい思い出が汚されることを恐れ、続編制作に消極的な“お気持ち表明”を行っているほどだ。

アニメ第1期では佐々木千穂の「ねっ!まおうさん、ねっ!」というシーンが、永遠にループされていたほど作画が良かった「はたらく魔王さま!」。ファンの楽しかった思い出を汚さないためにも、2期続編ではさらなるクオリティーの向上を期待したい。

文=大上賢一

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】