『シン・エヴァ』2年越しのBD&DVD発売が決定!“卒業させてもらえない”オタクたち

『シン・エヴァ』2年越しのBD&DVD発売が決定!“卒業させてもらえない”オタクたち

『シン・エヴァ』2年越しのBD&DVD発売が決定!“卒業させてもらえない”オタクたち (C)PIXTA

大ヒットアニメ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のBD&DVDが、2023年3月8日にリリースされることが決定。およそ2年越しのパッケージ化となったが、いつまでも“卒業”させてくれない制作陣に、冷淡な声も上がっている。

終わらないエヴァンゲリオン

2021年に公開され、興行収入約102億円を記録した「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。同作は上映終了後1カ月も経たないうちに『Amazon Prime Video』で配信され、多くのアニメファンが壮大なストーリーの結末を見届けた。

そんな「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のストーリーがファンに突き付けたのは、エヴァからの卒業。「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」というキャッチコピーの通り、長年続いたシリーズに一区切りつけるような作品だ。

一部では卒業というコンセプトに沿う形で、《円盤は出さないのでは?》などと囁かれていたこともあったが、ようやくBD&DVDの発売が決定。しかしすでに卒業を終えたファンからは、《エヴァはもういいかな》《劇中で「お前らエヴァなんてもう卒業しろよ」って言われて卒業したので、もう買わなくていいかな》《シンエヴァでエヴァは終劇。皆さんエヴァを卒業したんじゃなかったんですか?》といった微妙な反応が。

ちなみに今回発表されたBD&DVDには、新作特典映像の『EVANGELION:3.0(−46h)』も収録される予定であり、現在鋭意制作中とのこと。そのため、庵野秀明氏を始めとした制作陣もエヴァを卒業していない…とも指摘されている。

エヴァから卒業できない人々

その一方、まだ「エヴァンゲリオン」の世界から離れられない人も多いようで、《結局私たちはまだエヴァを卒業できないのか》《おかえり、すべてのエヴァンゲリオン》といった声も少なくない。

また、新作特典映像として、ふたたび「エヴァンゲリオン」の物語を見られることに、オタク魂が燃え上がる人も。《円盤予約するしかないじゃん?》《エヴァの新作特典映像がめっちゃ気になる》《空白の14年を2時間にまとめた作品であってくれ!》と沸き立っているようだ。

TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』放送からすでに27年も経っているが、いまだに人々はその世界観に魅了され続けているのだろう。

はたして「エヴァンゲリオン」シリーズは、ここで綺麗に完結となるのか。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のBD&DVDが、心を囚われ続けるファンにとっての“卒業証書”になってくれればよいのだが。

文=大上賢一

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】