『BLEACH』新アニメに“ジャンプおじさん”嫉妬…犠牲になった『マンキン』『封神演義』

『BLEACH』新アニメに“ジャンプおじさん”嫉妬…犠牲になった『マンキン』『封神演義』

『BLEACH』新アニメに“ジャンプおじさん”嫉妬…犠牲になった『マンキン』『封神演義』 (C)PIXTA

『週刊少年ジャンプ』の伝説的バトル漫画を原作としたアニメ『BLEACH 千年血戦篇』(テレビ東京系)が、10月10日より放送開始。ハイクオリティな出来によって話題を呼んでいるが、それを見て心がざわつく“失敗したジャンプアニメ”のファンもいるようだ。

完結編もスタジオぴえろが続投

TVアニメ『BLEACH』は、かつて約8年にわたって放送されていたが、原作途中である「死神代行消失篇」で終了。今回は、最終章にあたる「千年血戦篇」をラストまで描くということで、ファンとしては見逃せない作品になっている。

「BLEACH 千年血戦篇」を制作するアニメ会社は、旧アニメシリーズから引き続き、「スタジオぴえろ」。『幽☆遊☆白書』や『NARUTO -ナルト-』などでも知られる、ジャンプ作品の長期アニメを多数手がけてきた会社だ。

とはいえ、作画クオリティなどにむらがあるということで、「スタジオぴえろ」製のジャンプアニメを快く思わない人も。「BLEACH」も旧アニメ版はクオリティが高いとは言い難く、「スタジオぴえろ」の続投を不安視する原作ファンも少なくなかった。

しかし蓋を開けてみれば、第1話は見違えるような“神作画”を連発。キレッキレのバトルシーンや魅力的に描かれたキャラクターたちに、ファンたちは《完全に別アニメと化してて草》《スタジオぴえろなのこれ。BLEACHとは思えない作画》《まじで劇場版並のクオリティでビビる》と大興奮している。

他作品のファンからは嫉妬の声も

無事に現代レベルのクオリティとなったアニメ「BLEACH 千年血戦篇」だが、そこで複雑な心境を抱えている人々も。同じ「ジャンプ」作品を原作としていながら、“不発”となってしまった漫画のファンたちだ。

ネット上では、《シャーマンキングも封神演義もこれくらいやってくれれば…》《マンキンもこれくらいクオリティ高かったらなぁ…》《BLEACHがあの超絶作画でお送りされると、マジで封神演義なんだったんだよとなる》といった声が相次いでいる。

『シャーマンキング』といえば、武井宏之による大人気漫画。2001年に放送された旧アニメ版は1年ほどで終了し、その後2021年に20年越しの再アニメ化を果たしている。ところがクオリティは“令和レベル”に達しておらず、「旧アニメの方が出来がいい」とまで言われる始末だった。

また、熱狂的なファンが多い『封神演義』もまた、低クオリティなアニメ化の被害者。1999年に黒歴史と言われる『仙界伝 封神演義』が放送され、その後2018年に『覇穹 封神演義』としてよみがえったが、こちらも大失敗。アニメ版の存在を認めないファンも多く、「封神演義もはやくアニメ化してほしい」とすら言われている。そのほか『魔人探偵脳噛ネウロ』のアニメも黒歴史化しており、その存在を認められていない。

かつてのジャンプアニメは低クオリティが当然だったが、『鬼滅の刃』の大ヒット以降、劇的にクオリティが上がってきた。「BLEACH」が最終章にして神作画になったのも、それが遠因だろう。

「シャーマンキング」や「封神演義」「ネウロ」も、同じように“本気”でアニメ化されれば大ヒットしそうなものだが…。三度リメイクブームが起きることを期待せざるを得ない。

文=Tら

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】