『ONE PIECE』ロブ・ルッチの“ヒゲ”に伏線!? ルフィとの再戦に現実味…

『ONE PIECE』ロブ・ルッチの“ヒゲ”に伏線!? ルフィとの再戦に現実味…

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』におけるラスボス候補として、読者の間では黒ひげやイム様の名前が挙げられがち。しかし10月11日発売の『週刊少年ジャンプ』45号に掲載された最新話によって、ロブ・ルッチの存在感が急上昇しているようだ。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

ロブ・ルッチは世界政府直属の諜報機関「CP-0」に所属する諜報員。かつては「CP-9」に所属しており、ロビンの身柄をめぐって、「麦わらの一味」と激しい戦いを繰り広げた。

そんな彼が、第1062話『科学の国の冒険』で再登場。現在はDr.ベガパンク暗殺の命を受け、未来島エッグヘッドに向かっているという。

時間の経過により、ルッチの姿には若干の変化が生じている模様。もともと数字の「9」を左右対称にしたようなあごヒゲが特徴的だったのだが、さらなる進化を遂げている。あごの下から、大きな丸い塊が垂れ下がっているのだ。

珍妙すぎるヒゲの形に、読者からは《久しぶりにルッチ見たけど、ヒゲのデザインどんなことになってるの?》《ヒゲの成長っぷりがよく分からないw》とツッコミの声が上がっている。

たんなるギャグではなく重要な伏線?

一見すると、作者・尾田栄一郎がやりがちな悪ノリの類にも見えるのだが、実際にはルッチの進化したヒゲには深い意味が込められているのかもしれない。

というのも、現在のヒゲの形は、作中における「世界政府」のシンボルマークに近づいているように見えるからだ。「世界政府」のシンボルは、丸い塊を先端とする十字のデザインとなっている。

また、実はルッチの背中には十字状に5つの傷が存在。傷の形が「世界政府」のシンボルマークに似ているとして、以前から考察勢の間で話題になっていた。二度続いたことで、たんなる偶然ではなく、意図的である可能性が濃厚となっただろう。

ちなみに意味深な傷といえば、ルフィの胸にも大きな×印の傷が。これはマリンフォード頂上戦争の際、赤犬によって付けられたものだが、×印は作中で海賊旗、ひいては海賊そのものを意味する印。「アラバスタ王国編」で仲間を見分ける印を決める際、ルフィが「印ならバツがいい!!」「海賊だろ」と言っていたことからも、これは間違いない。

すなわちルフィは自由=海賊、ルッチは秩序=世界政府を象徴する存在となっているのが現状。この先、「ONE PIECE」のクライマックスにて両者が対の存在として対峙する可能性もあるのではないだろうか。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】