ペロスペローがバイキンマン化!? アニメ『ONE PIECE』の独特すぎるテンポ感

ペロスペローがバイキンマン化!? アニメ『ONE PIECE』の独特すぎるテンポ感

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

本筋とは関係のないオリジナル描写がいくつも盛り込まれているアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。10月16日放送の第1036話『闇夜に抗え ワノ国総大将吠える』では、キッズ向け作品『アンパンマン』のようなシーンが追加され、視聴者を騒然とさせていた。

※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

「百獣海賊団」の真打ち・バオファンによってルフィと赤鞘九人男の敗北が通達され、「ワノ国」の侍に衝撃が走る。ちょうど戦闘中だったチョッパーは戦意を失い、「百獣海賊団」大看板・クイーンや「ビッグ・マム海賊団」ペロスペローの容赦ない攻撃にさらされてしまう。

そこで颯爽とサンジが現れ、「悪魔風脚(ディアブルジャンブ)」でクイーンの頭に強烈な一撃を放つ。するとクイーンの首はクルクルと勢いよく回り、体ごとペロスペローの方へ。そしてお互いがぶつかり合い、ペロスペローは「ペロリーン!」と叫びながら吹っ飛ばされるのだった…。

話の大まかな流れは原作通りだったが、サンジの登場シーンではたっぷり演出が追加されることに。原作では約2ページ、5コマ程度を使用した場面だったが、アニメ版では約1分弱にわたって描かれている。

原作に登場しない描写として、首を回転させられたクイーンがヘリコプターのように宙に浮くコミカルなシーンも追加。ペロスペローが吹き飛ばされる場面も、原作よりじっくり描写されていた。

原作通りの演出を望むファンも

ペロスペローが吹き飛ばされるシーンをめぐり、視聴者の中には「アンパンマン」の敵キャラ“ばいきんまん”を思い浮かべる人も。「バイバイキーン!」「はーひふーへほー!」のくだりにそっくりだったからだ。

良くも悪くもネット上では、《ペロスペローのばいきんまんのような飛ばされ方(笑)》《ペロスペローの飛んでいき方が、どこかばいきんまんを感じるwww》《ペロスペロー=ばいきんまん》《ペロスペローのペロリーンが、バイキンマンのはひふへほーみたいだった》といったツッコミが殺到している。

命をかけた「鬼ヶ島」での戦闘が続く中、コミカルな展開が挟まれたことで、ほっこりするファンもいるようだ。しかし原作通りの演出を望む人からは、《頼むから原作通りにしてくれよ》《総集編や完全アニオリ回を挟んでもいいから、素晴らしい原作に寒いセリフや痛い演出を追加しないで》とも願われていた。

アニメ『ONE PIECE』は原作とは別腹として楽しむのが、一番賢いのかもしれない。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去のアニメ「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】