ジャンプ打ち切りレースは時代遅れ?『すごいスマホ』終了で編集部にクレーム

ジャンプ打ち切りレースは時代遅れ?『すごいスマホ』終了で編集部にクレーム

ジャンプ打ち切りレースは時代遅れ?『すごいスマホ』終了で編集部にクレーム (C)PIXTA

『週刊少年ジャンプ』で連載されていた“令和版デスノート”こと『すごいスマホ』が、10月17日発売の46号で完結を迎えた。あまりにも強引すぎる打ち切りエンドだったことから、編集部への不信感をあらわにするファンもいるようだ。

まさかの“未完”でぶった切り

「すごいスマホ」は原作・冨澤浩気、作画・肥田野健太郎による漫画で、5月9日発売の「ジャンプ」23号からスタート。世界の全てを検索できる“すごいスマホ”を手に入れた主人公・探来田究が、凶悪な陰謀に立ち向かうストーリーだった。

連載開始からしばらくは掲載順の調子がよかったものの、14話ごろから一気に低迷。ここ最近は読者アンケートが不調だったのか、ワースト1になってしまうことも多かったようだ。

しかし作品内の展開は絶好調で、主人公以外の「すマホ」所有者が続々登場。ラスボスの掘り下げも行われ、登場人物たちの魅力が爆発しつつあった。

いよいよこれから…という雰囲気だったのだが、そこで唐突に物語が終了。いわゆる「俺たちの戦いはこれからだ」エンドを迎えている。

作者たちのツイートによると、一応単行本にて物語の続きが補完される予定のようだ。

『ビルドキング』を超えた?

しかし、あまりに強引なラストに、ファンたちは納得がいかない模様。ネット上では、《すごいスマホを打ち切りにしたジャンプ編集部を許すな》《見れば見るほど「すごいスマホ」の終わり方胸糞悪い》《打ち切りじゃなかったら色々ストーリー練ってただろうに。週刊誌は無情だね》といった声が相次いでいる。

また、一部の読者からは《ビルドキングも酷いと思ったけどそれより酷いな》《なんと尻切れトンボな。まるでビルドキング》といった声も。昨年「ジャンプ」で衝撃の結末を迎えた『BUILD KING』を連想する人が多かったようだ。

「BUILD KING」は、『トリコ』などを手掛けたベテラン漫画家・島袋光年による作品。注目作ではあったが人気には結びつかず、連載は20週でストップ。あまりに中途半端な終わり方だったが、141ページに及ぶ単行本の加筆により、完結を迎えていた。

「BUILD KING」も「すごいスマホ」も、作品としてのポテンシャルは高く、「ジャンプ」以外の雑誌であれば生き残っていた可能性は十分ある。次々と新人が芽を出している『少年ジャンプ+』の成功を見ると、読者アンケートによる打ち切りレースはもはや時代に合っていないのかもしれない…。

文=野木

【画像】

StoryTime Studio / PIXTA

【あわせて読みたい】