アングラ系VTuberを次々にBAN! 今週のVTuber&声優ニュースランキング

アングラ系VTuberを次々にBAN! 今週のVTuber&声優ニュースランキング

アングラ系VTuberを次々にBAN! 今週のVTuber&声優ニュースランキング (C)PIXTA

今週も声優&VTuber界隈が、大きな注目を集めました。旬の話題をお届けする『まいじつエンタ』で、今週もっとも話題になった声優&VTuberニュースをご紹介します(10/20配信まで)。

1位 VTuberが『スプラ3』トンデモ企画で次々BAN! 任天堂が動き出す最悪の事態へ

VTuberが『スプラ3』トンデモ企画で次々BAN! 任天堂が動き出す最悪の事態へ

2位 にじさんじ『スプラトゥーン3』箱企画で腫れ物に…ローレン炎上を忘れられないファン

にじさんじ『スプラトゥーン3』箱企画で腫れ物に…ローレン炎上を忘れられないファン

3位 次世代のLiSAは生まれない? 大ヒットアニメ量産の裏でアニソン歌手が大ピンチ

次世代のLiSAは生まれない? 大ヒットアニメ量産の裏でアニソン歌手が大ピンチ

4位 AIイラスト問題がVTuberにも波及!『ホロライブ』夏色まつりや白上フブキが注意喚起

AIイラスト問題がVTuberにも波及!『ホロライブ』夏色まつりや白上フブキが注意喚起

5位 伊達さゆりの1st写真集が爆売れ! ラブライブ声優の写真集はナゼ売れるのか?

伊達さゆりの1st写真集が爆売れ! ラブライブ声優の写真集はナゼ売れるのか?

「任天堂」がVTuberに忠告?

今週もっとも話題になったのは、大人気ゲーム『スプラトゥーン3』の過激な配信を行ったVTuberたちにまつわる記事でした。

今回問題となった『スプラトゥーン3』の配信企画は、アウトサイダー系VTuberの木風公子が主催したもの。「スプラトゥーン3」の対戦企画なのですが、参加者は相手陣地の色にクロマキー加工をかけ、その下にセクシービデオを流しながら配信。つまり参加者はできるだけ自分たちのチームの色で塗りつぶさなければ、アウトな映像が映り込み、配信BANされてしまうというわけです。

もちろん「スプラトゥーン3」の対戦において、味方チームのインク一色に染め上げるのは困難なので、映像がモロに映ってしまったVTuberもいたようです。

当然のことですが、このような配信の企画は、YouTubeの規約、任天堂のガイドラインの両面でアウト。参加していたのは『深層組』息根とめるなどのアングラ系VTuberでしたが、当たり前のように批判されてしまいました。

結局、主催の木風公子をはじめとした参加者たちは、後に謝罪文を公開。また唯一の“企業勢”だった息根とめるは、本人だけでなく「深層組」からも謝罪文が公開されました。

さらに『任天堂株式会社(企業広報・IR)』のツイッターアカウントは、具体的な名前こそ挙げていないものの、明らかに今回の件だと思われる警告文を投稿。「投稿の削除や法的措置を含めた対応を行うことがあります。ご注意ください」とアナウンスしています。

実際に参加者たちの配信アカウントは次々とBAN処分を受けており、炎上商法だったとしても、少なからずダメージを受けていることは間違いありません。

ちなみに息根とめるはツイッター上で、セクシービデオの出演オファーが来ていることなどを明かし、炎上後の状況を事細かに報告しています。アングラ系VTuberとして生きていくには、相当の胆力が求められそうです…。

続いては、『にじさんじ』所属のVTuberローレン・イロアスにまつわる話題です。