ウォーリーがリカルド・マルチネスを圧倒も…『はじめの一歩』1399話に意味深な1コマ

ウォーリーがリカルド・マルチネスを圧倒も…『はじめの一歩』1399話に意味深な1コマ

『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

10月19日発売の『週刊少年マガジン』47号に、長寿ボクシング漫画『はじめの一歩』の第1399話が掲載された。事前の予想を覆し、“絶対王者”リカルド・マルチネスを追い詰めているウォーリーだが、そこでとある異変が生じてしまったという。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

これまで他の追随を一切許さないほどの強さだったリカルドだが、ウォーリーのスピードとセオリー外のボクシングスタイルに圧倒されている状況。第2ラウンドまでガードを固め、じっと身を守ったままで、一切反撃できていない。

今回描かれた第3ラウンドでも、それは変わらず。実はリカルドは、ウォーリーが執拗に“目”を狙い続けてくることを警戒し、うかつに動けないのだった。ようやく反撃に出ようとするものの、それすらも見透かされていたようで、ウォーリーのパンチがカウンター気味に炸裂する──。

ウォーリーは、かつて全盛期の幕ノ内一歩を圧倒したほどの身体能力をもつ天才ボクサー。さらにトレーナーである知将・ミゲルが「目を狙い続ける」という“悪魔”のような作戦を出したことで、リカルドを完封することに成功している。

ついに第3ラウンドもウォーリー優勢のまま終了したため、このまま判定までもつれ込めば、大番狂わせの結果となるだろう。

リカルドが“舐めプ”で勝利を拾う?

しかし今回のエピソードについては、若干意味深な描写も仕込まれていた。作戦通りに試合が進行しているにもかかわらず、インターバルでコーナーに戻ったウォーリーはどこか浮かない表情だったのだ。

もともとウォーリーはボクシングに「楽しさ」を求める性格。試合が始まる前には、一歩に対して“世界一楽しむ”ことを語っていた。また、第1389話では記者会見でリカルドと正面から対峙。自分との試合を楽しんで終えたボクサーはいないとリカルドに警告されたものの、その鉄則を覆し、楽しんだ上で勝利すると宣戦布告している。

そんな性格のウォーリーからすると、ミゲルの指示による「目を狙うボクシング」は、楽しくないのかもしれない。

リアルの世界でも、目を狙うスタイルといえば、かつて亀田三兄弟の試合をめぐって世間で激しい反発が起きていたことが記憶に新しい。ウォーリーの戦闘スタイルとして受け入れがたいという人もいるのではないだろうか。

だとすると、今後の試合ではウォーリーが「楽しいボクシング」を追求するため、スタイルを変える可能性も捨てきれない。とはいえ、そうなると結果がどうなるにせよ、リカルドには「本当は負けていた」というレッテルが貼られてしまいそうだが…。

リカルドは絶対王者としての威厳を保ち続けられるのだろうか。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】