『ONE PIECE』ハートの海賊団トレンド入り! 作中初の活躍シーンには伏線が…?

『ONE PIECE』ハートの海賊団トレンド入り! 作中初の活躍シーンには伏線が…?

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』において、これまでまともな活躍シーンが皆無だった「ハートの海賊団」。10月24日発売の『週刊少年ジャンプ』47号に掲載された最新話では、トラファルガー・ローのおまけという形ではあるが、作中初となる活躍が描かれた。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

第1064話『エッグヘッド研究層』では、ロー率いる「ハートの海賊団」と「黒ひげ海賊団」の本格的な戦闘がスタート。敵味方が入り乱れる大混戦となった。

ジーザス・バージェスの「リキリキの実」やドクQの「シクシクの実」など、現在の「黒ひげ海賊団」幹部たちは、“能力者狩り”によって全員が強力な能力者となっている。それに対して、「ハートの海賊団」は極寒の海をものともしない北の海育ちのフィジカルで対抗。能力者の弱点である“海”をうまく活用することで、勝機を手繰り寄せようとする──。

今回はクルーの1人ひとりにもスポットが当たっており、「ハートの海賊団」ファンにはたまらない内容。たとえばシャチは海中から顔を出すと、口に含んだ水を吐き出してドクQのりんご爆弾を狙撃。またジャンバールは、ローを狙うヴァン・オーガーの狙撃を体を張って防いでみせた。

読者の予想を裏切るような大活躍に、ネット上では《まさかの鳥肌展開…!! 人間で海戦に強いとか…》《やっぱり強かった! 水中戦魚人族にも劣らないのでは…!》《ハートの海賊団って実は強いんだなw》《ハートの海賊団のメンバーが四皇と戦えてて嬉しい》《思ったよりハートの海賊団が戦えてて驚いた》という声が相次いでいる。

「海戦メインの海賊団」の伏線

「ハートの海賊団」といえばワノ国編でもろくな活躍シーンがなく、これまではローのワンマンチームだと思われていた。「黒ひげ海賊団」との接敵が明らかになった時点で、大敗が予想されていたほどだ。

しかし突如として、そんな下馬評を大きく覆すような展開が登場。「海戦がメインだった」という設定を明かすことで、今まで活躍していなかった事実とも辻褄を合わせている。

ちなみにこの展開について、あらかじめ伏線が仕込まれていたという説も。船長であるトラファルガー・ローの名前は、世界でもっとも有名な海戦である「トラファルガーの海戦」が1つの元ネタだと思われる。作者・尾田栄一郎の頭の中では、最初から海戦メインの海賊団として構想されていたのかもしれない。

ツイッター上でトレンド入りするほどに話題を呼んだ「ハートの海賊団」。今もっとも熱い海賊団と言っても過言ではない。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】