『HUNTER×HUNTER』連載再開も盛り上がらず…“知らん奴”の戦いにガッカリ声

『HUNTER×HUNTER』連載再開も盛り上がらず…“知らん奴”の戦いにガッカリ声

『HUNTER×HUNTER』36巻(冨樫義博/集英社)

10月24日発売の『週刊少年ジャンプ』47号で、冨樫義博による人気漫画『HUNTER×HUNTER』が約3年11カ月ぶりに連載を再開。当然読者たちは盛り上がっているかと思いきや、「知らん奴同士の戦い」に困惑する声が上がっている。

※『HUNTER×HUNTER』最新話に触れています

これまでの流れを軽くおさらいすると、物語はカキン王国における王位継承戦の真っ只中。王位を争う王子たちは暗黒大陸へと進出し、その戦いはハンターや幻影旅団、マフィアなどを巻き込んでいく。

そして「ジャンプ」47号に掲載された、第391話『衝突(2)』で描かれたのは、マフィアの一角「シュウ=ウ一家」の若頭・ヒンリギの動向。ヒンリギは部下に別行動でヒソカの捜索を命じ、自らは「エイ=イ一家」が差し向けた刺客の囮に。機械や武器を生物に変える念能力「てのひらを太陽に(バイオハザード)」で、刺客3人を圧倒してみせる──。

数年越しの休載明けとなるエピソードだったが、主人公であるゴンや物語の主要キャラであるクラピカはおろか、王子や幻影旅団などもまったく登場せず。読者にとって馴染みのないキャラクターたちが、念能力で戦うところが描かれた。

そのためネット上では、《4年ぶりのハンタが知らん奴同士で戦ってるんだが》《知らんおっさんと知らんおっさんが初めて聞く能力と初めて聞く能力でなんか戦ってたな…》《ハンターハンター見たけど、誰も何も分からねえ。新連載か?》《今週出た人誰一人知らない人だった》と、呆気にとられる声が相次いでいる。

にわか読者を置いてきぼりに?

ちなみに物語の流れを忘れてしまった人への配慮なのか、本編の前には「“王位継承編”これまでのあらすじ」というページも設けられていた。しかし今回戦ったヒンリギとバドイユは脇役中の脇役なので、当然一切名前が出ていない。

読者を混乱させている理由としては、ほかにもエピソードの“空白”が関わっているだろう。

「HUNTER×HUNTER」連載再開に先立ち、『少年ジャンプ+』などの漫画アプリでは王位継承編の無料公開が行われていた。しかし、無料公開範囲は第370話まで。最新話には10話分足りておらず、無料公開分を読んでも追いつけないようになっている。

足りないエピソードについては、11月4日に発売されるコミックスの第37巻に収録される予定だ。つまりは約4年前の「ジャンプ」本誌を手に入れるしか、直前のエピソードを読む術は存在しない。

そうした不備について、読者の中には《ちゃんと37巻発売してから連載再開してくれよ》と不満を唱える人も。これまで連載再開される際は、コミックスで最新話まで読むことができたことも違う点だろう。

せっかくの連載再開なので、最大限盛り上がるように段取りしてほしいところだが…。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『HUNTER×HUNTER』36巻(冨樫義博/集英社)

【あわせて読みたい】