スクエニ新作ゲームがはやくも大幅値崩れ…今週のゲームニュースランキング

スクエニ新作ゲームがはやくも大幅値崩れ…今週のゲームニュースランキング

スクエニ新作ゲームがはやくも大幅値崩れ…今週のゲームニュースランキング (C)PIXTA

今週も、さまざまなジャンルのゲームが界隈を賑わせました。旬の話題をお届けする『まいじつエンタ』で、今週もっとも話題となったゲームニュースをご紹介します(10/27配信まで)。

1位 スクエニ新作『ヴァルキリーエリュシオン』大幅値崩れ! 発売2週間で半額に…

スクエニ新作『ヴァルキリーエリュシオン』大幅値崩れ! 発売2週間で半額に…

2位 『ウマ娘』新たなライブ演出が大荒れ!“敗者”の気持ちを追体験できる神イベントに

『ウマ娘』新たなライブ演出が大荒れ!“敗者”の気持ちを追体験できる神イベントに

3位 『ウマ娘』イベント炎上が飛び火! 作曲家の“デジタルタトゥー”が掘り起こされる

『ウマ娘』イベント炎上が飛び火! 作曲家の“デジタルタトゥー”が掘り起こされる

4位 『Apex』新レジェンドはトランス女性!“ポリコレ後進国”のオタクからは反発の声

『Apex』新レジェンドはトランス女性!“ポリコレ後進国”のオタクからは反発の声

5位 『ひぐらし業・卒』の惨劇ふたたび!?『サイレントヒルf』の竜騎士07抜擢が叩かれる理由

『ひぐらし業・卒』の惨劇ふたたび!?『サイレントヒルf』の竜騎士07抜擢が叩かれる理由

スクエニ新作ゲームが早くも定価の半額以下に

今週もっとも注目を集めたのは、9月29日にスクウェア・エニックスから発売された新作ゲーム『ヴァルキリーエリュシオン』にまつわる話題でした。

「ヴァルキリーエリュシオン」はPlayStation4・5向けに発売され、11月にSteamでも発売が予定されている新作ソフト。シリーズ初のアクションRPGとなり、プレイヤーは主神・オーディンから世界を救う使命を授かった主人公・ヴァルキリーを操作し、戦いを繰り広げていきます。

まだ発売から1カ月も経っていないのですが、どうやらすでに大幅な値下がりが起きている模様。ツイッター上では、ゲームショップでの販売価格を報告する投稿が相次いでおり、いずれも新品が大幅に値下げされていることが分かります。希望小売価格は税込8,580円なのですが、中には半額近く値下げされているところもあるようです。

また、10月20日時点の『Amazon』でも、「PS4」版がほぼ半額の4,400円で発売されています。フルプライスのゲームが発売から2週間程度でここまで値崩れするのは、なかなか見ることがないレアケースと言えるでしょう。

「ヴァルキリープロファイル」といえば、1999年に1作目が発売されてから根強いファンを生み出しているシリーズ。パッケージ版のみで、全世界で累計220万本以上を売り上げてきた実績もあります。

そんな人気シリーズの新作が、なぜこのような惨状になってしまったのでしょうか。理由としては単純に、「ヴァルキリーエリュシオン」が多くのユーザーが期待していたクオリティに達していなかったことが挙げられるでしょう。

これまで純粋なRPGとしてリリースされていた中で、今作ではアクションRPGという新しい境地を開拓しようとチャレンジしています。しかしその結果は、うまくいかなかったようです。

また「ヴァルキリーエリュシオン」では、今までシリーズを担当してきた『トライエース』に代わり、『ソレイユ』という会社が開発を担うことに。そのためクオリティ面は発売前から懸念されていたのですが、不安が的中してしまったのです。

ちなみに、同作の限定版にも付属している1作目の移植版『ヴァルキリープロファイル -レナス-』も、12月22日に発売予定。往年のファンには、こちらの方がウケるかもしれません。

続いては、話題が尽きない育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』にまつわる話題です。