青キジvsカタクリに期待高まる!『ONE PIECE』激動の扉絵連載と本編がリンク

青キジvsカタクリに期待高まる!『ONE PIECE』激動の扉絵連載と本編がリンク

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

10月24日発売の『週刊少年ジャンプ』47号に掲載された『ONE PIECE』第1064話では、「ハートの海賊団」と「黒ひげ海賊団」の戦いが激化。さらに“青キジ”ことクザンvsカタクリというビッグマッチが実現する可能性に、期待が高まっている。

※『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

「ハートの海賊団」のメンバーたちは海戦を得意にしており、全員が悪魔の実の能力者である「黒ひげ海賊団」とは相性抜群。それぞれが黒ひげと戦闘中のトラファルガー・ローをサポートしながら、黒ひげの船「サーベルオブジーベック号」を海中から追い詰めていく。

今回のエピソードは、これまで全く活躍が描かれていなかった「ハートの海賊団」の晴れ舞台に。海戦という自分たちに有利なステージで、戦力的には格上なはずの「黒ひげ海賊団」と対等に張り合っている。

しかし忘れてはならないのが、現在「黒ひげ海賊団」に元海軍大将のクザンが味方しているということ。クザンは海軍を抜けた後、何らかの目的があって黒ひげ側に加担しているという。

「ヒエヒエの実」で一瞬にして海を凍らせるクザンが現れた場合、いくら海戦を得意とする「ハートの海賊団」でもひとたまりもないはず。もしそうなれば、ローたちは大ピンチに陥ってしまうだろう。

さらに今回のエピソードで注目すべきは、元四皇ビッグ・マムの娘の1人であるシャーロット・プリンが、「黒ひげ海賊団」の船に囚われていることだ。その経緯は、現在進行中の扉絵連載「ジェルマ66のあゝ無感情海遊記」で描かれている。

「ビッグ・マム海賊団」がローに加勢する?

もともと同連載は「ジェルマ66」のニジとヨンジの救出劇が描かれていたのだが、第1062話で場面が一変し、「カカオ島ショコラタウン」が氷漬けにされてしまう。さらに第1063話では、同じく氷漬けにされたクラッカーの横で泣き叫ぶブリュレの姿が。

そして今回、クザンと「黒ひげ海賊団」ヴァン・オーガーがプリンを誘拐したことが明らかに。扉絵連載と本編の時間軸がリンクしているというのは、「ONE PIECE」史上初のことだ。

なお第1059話の扉絵では、ジェルマと一緒に脱出したシーザーの能力に惑わされる「ビッグ・マム海賊団」オーブンとカタクリの姿が描かれていた。しかし「ビッグ・マム海賊団」の中でもとくに武闘派の2人が、これでノックアウトされたとは考えづらい。

プリンを誘拐したのがクザンたちだと知ったら、オーブンとカタクリが追いかけてくる可能性も十分にあるだろう。なによりオーブンは「ネツネツの実」の能力者なので、氷漬けにされた海を解除するためにおあつらえ向きの人材。そのままカタクリとクザンの戦闘にもつれ込む可能性も…。

扉絵の人物たちが本編に乗り込んでくるという異例の状況は、はたして実現するのだろうか。青キジやカタクリたちの動向に注目だ。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】