『ジョジョ』『タイバニ』の二の舞!? 乙一×天野喜孝×坂本龍一のネトフリアニメが空気に

『ジョジョ』『タイバニ』の二の舞!? 乙一×天野喜孝×坂本龍一のネトフリアニメが空気に

『ジョジョ』『タイバニ』の二の舞!? 乙一×天野喜孝×坂本龍一のネトフリアニメが空気に (C)PIXTA

10月13日より、配信サイト『Netflix』にて『エクセプション』というオリジナルアニメが独占配信中。“乙一”こと小説家の安達寛高をはじめとした豪華メンバーによって制作されているのだが、不思議と話題になっていないようだ。

未曽有のスタッフが集結するも…

「エクセプション」は、人類が地球を追われた未来という舞台設定。「生体3Dプリンター」で出力された人間が、惑星探索の先遣隊として宇宙船に乗り込むも、不具合によって生まれた異形の存在に襲われていく──。

そんな同作を彩るのは、各業界の精鋭たち。まず原作・脚本を務める安達は、いくつかの名義で『GOTH リストカット事件』や『くちびるに歌を』といった大ヒット小説を生んできた実力派作家だ。

またキャラクターデザインは、『ファイナルファンタジー』シリーズで知られる世界的なイラストレーター・天野喜孝が担当。音楽は、『戦場のメリークリスマス』などで世界的に高く評価されている作曲家・坂本龍一が担当しているという。

スタッフの顔ぶれだけでも、ポテンシャルは今年度ナンバーワンと言っても過言ではない作品。Netflix上では「インターステラー」や「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の名前を出して宣伝されたこともあり、いかにも“超大作”といった雰囲気だ。

しかしなぜか、同作はまったく話題になっていない…。その理由はおそらく、「Netflix独占」という配信形態にあるのだろう。

名作アニメを不発が続く「Netflix」

「Netflix」ではさまざまな作品をオリジナルコンテンツとして世に送り出しており、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や『全裸監督』といったドラマは、国内外で大ヒットを記録している。

その一方、近年力を入れているはずのアニメ系コンテンツは大コケしがち。昨年12月からは『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』がNetflix限定で先行配信されているが、1話ごとではなく“一挙配信”という形態をとったこともあり、口コミでの人気を逃してしまった。

TVアニメとして制作された「ジョジョ」シリーズがいずれも大ヒットしたことを思うと、あまりにも対照的な結果だ。

他にも、今年4月からは大ヒットアニメの続編『TIGER & BUNNY 2』も独占配信されているが、まったく評判にならず。前作「TIGER & BUNNY」が社会現象クラスの成功作だったとは思えないほどの格差がある。

結局のところ、「Netflix」には日本でアニメをブームとして盛り上げるためのノウハウが欠けているのかもしれない。「エクセプション」もこのままアニメ史に埋もれてしまうのだろうか…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Koldunova / PIXTA

【あわせて読みたい】