『はじめの一歩』ウォーリー無双に一抹の不安…“反則疑惑”浮上で試合の行方は?

『はじめの一歩』ウォーリー無双に一抹の不安…“反則疑惑”浮上で試合の行方は?

『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

11月2日発売の『週刊少年マガジン』49号に掲載された、人気ボクシング漫画『はじめの一歩』が波乱の展開を迎えている。読者たちはリカルド・マルチネスとウォーリーによる試合に釘付けとなっているが、そこで“反則疑惑”も浮上しているようだ。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

試合が始まる前には、“絶対王者”リカルドが優勢になると思われていたが、第3ラウンドまでウォーリーが圧倒。このままでは判定負けに持ち込まれるという焦りから、リカルドはついに攻勢へと打って出た。

第1401話『大海を知る戦士』では、リカルドが正確無比なラッシュを打ち込むのだが、ウォーリーは真っ向から迎え撃つことを選択。セコンドについた幕ノ内一歩がハラハラしながら見守る中、猛攻をかいくぐってカウンターパンチを当てることに成功する──。

これまでは天性の身体能力によってリング内を飛び回り、リカルドを翻弄していたウォーリー。しかし正面からの打ち合いでもセンスを見せ、一瞬でも打ち勝つという偉業を成し遂げた。

どこまでも快進撃を続けるウォーリーの勇姿に、ネット上では《この展開は熱すぎるだろ…》《リカルドにここまで負けてない選手初めて見た》《まさかの完全完封王座ある?》《ここ最近のはじめの一歩面白すぎる》と大興奮の声が上がっている。

ウォーリーの戦法がラインを超えた?

ここまでウォーリーがリカルドを圧倒できているのは、類まれなる身体能力に加えて、トレーナーのミゲルが授けた戦略も功を奏している。執拗に目を狙わせたり、判定狙いを匂わせたりと、その作戦は見事にリカルドを揺さぶっている印象だ。

ただ、一部の読者が気にしているのはウォーリーのキワドイ行動。最新話の中で、ボクシングで反則とされている「バックハンドブロー」(裏拳)のようなコマがあったことが気になるようだ。

それ以前から、ウォーリーはロープをつかんだり、ロープの反動を利用したりする場面が描かれていたが、ボクシングではこちらも反則とされることが多い。そのため、《ロープの不正利用で反則にならないの》《レフェリーは注意しろよ》といったツッコミが上がっていた。

もちろん漫画はファンタジーを描くものだが、「はじめの一歩」はリアル路線のボクシング漫画として人気を獲得した作品。試合の没入感がそがれてしまうことを、避けてほしい読者もいるのだろう。

細かいところまでルールで規定されたボクシングという競技で、“奇策”を描くのはそもそも至難の業。ウォーリーというキャラクターをどのように描き切るのか、ますます作者の手腕に注目が集まりそうだ。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】