デカすぎる『ウマ娘』声優たち…新加入の元モデル・春川芽生ですら3番手

デカすぎる『ウマ娘』声優たち…新加入の元モデル・春川芽生ですら3番手

デカすぎる『ウマ娘』声優たち…新加入の元モデル・春川芽生ですら3番手 (C)PIXTA

『ウマ娘 プリティーダービー』に出演している声優たちには、他コンテンツのキャストとは異なる、とある共通点が存在する。それは“デカい”声優が揃っているということ。最近加入したメンバーについても、恵まれた体型に惚れ惚れとするファンが相次いでいる。

イケメンすぎる元モデル声優が参戦

「ウマ娘」ファンから熱視線を送られているのは、シンボリクリスエス役として抜擢された声優・春川芽生。シンボリクリスエスは身長170cmの立派な体格をしたウマ娘なのだが、春川本人も169cmであり、ほとんど変わらない長身だ。

春川はファッション雑誌『nicola』の元専属モデルで、藤田ニコルや池田エライザと同期だった経歴の持ち主。イケメン系のキリっとした顔立ちもチャームポイントで、エライザとは「エラメイ」としてカップリング的な人気を博していた。

「ウマ娘」声優としては新人だが、10月27日に配信された公式番組「ぱかライブTV」では、さっそく大きな存在感を発揮。ネット上では、《イケメンすぎるだろ》《宝塚の人かと思った》《ヅカ男役でもおかしくないくらいかっこいい》と話題を呼んでいる。

モデル顔負けの恵体声優が多い「ウマ娘」

とはいえ、実は春川が加入する前から、「ウマ娘」にはモデル体型の声優が多かった。その代表格が、ゴールドシップ役を演じる上田瞳だろう。

ゴールドシップは全キャラクターの中でも身長が高く、170cmという設定なのだが、上田はそれを凌駕する172cm。今のところ「ウマ娘」声優でトップとなる長身だ。今年5月には、150cmの小柄で知られるマンハッタンカフェ役・小倉唯と並んだツーショットが投稿されたのだが、「遠近感が壊れる」と話題を呼んでいた。

上田に続く高身長の「ウマ娘」声優は、170cmのエアグルーヴ役・青木瑠璃子。すらりと長い足をもつモデル体型の化身で、ライブイベントなどに出演するたび、観客の目を釘付けにしてきた。だがスリムボディが極まっていることもファンの間では有名で、自ら「絶壁」とネタにしたことも。

また駿川たづな役の藤井ゆきよは、春川と同じく169cm。かなり古いデータではあるが、80・58・83というスリーサイズだったことも広まっており、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の高垣楓とほぼ同じ体型だと称賛されていた。

ほかにも「ウマ娘」には身長の高い声優が多く、数えればきりがないほど。春川が新たに加わったことで、さらにライブイベントの迫力が増しそうだ。

文=Tら

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】