ジャンプ『ONE PIECE』巻頭カラーで致命的ミス? ベン・ベックマンが別人に…

ジャンプ『ONE PIECE』巻頭カラーで致命的ミス? ベン・ベックマンが別人に…

『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)

長期連載の過程で、数多くのキャラクターを生み出してきた漫画『ONE PIECE』。その中には読者が存在を忘れかけている登場人物も少なくないが、どうやら作者・尾田栄一郎にも同じ現象が起きたらしい。11月7日発売の『週刊少年ジャンプ』49号で、悲劇が起きてしまった。

初期から登場するキャラに異変?

「ジャンプ」49号では、表紙や巻頭カラーを「ONE PIECE」が占拠。劇場版『ONE PIECE FILM RED』の大ヒットに伴い、表紙には「誰にも止められない 新時代へ!」といったメッセージと主人公のルフィ、映画のヒロイン・ウタが描かれている。

また、巻頭カラーのページでも、映画にちなんだイラストを掲載。「ヒトヒトの実」モデル“ニカ”に覚醒したルフィや、「麦わら海賊団」の仲間たち、そして涙を流すウタの姿などが描かれた。

さらに劇中で「赤髪海賊団」が活躍することから、シャンクスやベン・ベックマン、ラッキー・ルウ、ヤソップといった船員たちの姿が。そこで異変が起きていたのが、ベックマンの“顔”だった。

現在のベックマンは、顔の左側に十字架のような大きな傷跡が付いているのが特徴。しかしイラスト内のベックマンは、なぜか顔の傷が消失している。さらに彼は両耳にピアスをしているのだが、なぜかそれも片耳しか描かれていない。

作者も忘れかけたベックマンのデザイン

ベックマンは同作の第1話から登場する古参キャラだったが、今回の巻頭カラーではまるでそっくりさんのような姿へ。

熱心なファンたちは彼の異変に気が付いたようで、ネット上では《顔の傷を描き忘れてて笑った》《ベックマン、傷ない? 癒えたの?》《ベックマンの傷がないし、ピアスは右だけなんですけど。私はどれを信じれば良いですか?》《この違和感なんだろうって思ってたら、ベックマンに傷がないwww》《ベックマンの顔の傷とピアスどこいったの。ピアスはまだしも傷は…》といったツッコミが続出している。

なお、同号の「ジャンプ」巻末コメントでは、作者・尾田が劇場版「ONE PIECE FILM RED」について言及。巻頭カラーのイラストに、劇場版の“エモさ”を込めていることを語り、「じっくり眺めてください」と語っていた。

読者たちが実際にじっくり眺めた結果、ベックマンのミスに気付いてしまったかと思うと、何とも皮肉な話だ…。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】