アニメ『チェンソーマン』第5話にフェミ激怒! アニメ版のデンジはキモすぎる…?

アニメ『チェンソーマン』第5話にフェミ激怒! アニメ版のデンジはキモすぎる…?

『チェンソーマン』11巻(藤本タツキ/集英社)

11月9日のアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京系)では、原作ファン待望のサービス回を放送。しかし実写映画を意識したリアル路線の演出のせいか、主人公・デンジの“キモさ”を気にする視聴者が相次いでいる。

※アニメ『チェンソーマン』最新話に触れています

第5話『銃の悪魔』では、パワーとの約束を果たしたデンジが、報酬として胸を触る許可を得ることに。夢にまで見たご褒美タイムだったが、その触り心地はデンジが思い描いていたものと程遠く、かえって落ち込んでしまう。

その後、デンジは現実と理想とのギャップについてマキマに相談。するとマキマは、“気持ちよくなる”ための極意を実演形式で語り始め、自身の胸にデンジの手を誘うのだった。

さらにパワー、マキマのサービスだけで終わらず、終盤では先輩デビルハンター・姫野からディープキスのお誘いも。これまで以上にデンジの欲望がむき出しとなったエピソードで、ツイッター上でリアルタイム実況を行っていた原作者・藤本タツキも反応せざるを得なかったようだ。

生々しい欲望描写が仇に

今回描かれたシーンはいずれも原作通りなのだが、原作ではあくまでギャグの一環といった印象。それに対して、アニメ「チェンソーマン」は明らかにリアル路線を意識した作りになっている。そのためか、サービスシーンの演出やデンジの演技方針もどこか生々しいものとなっていた。

結果として、ネット上では《チェンソーマン読んでてデンジのことキモいって思ったことないのに、アニメのデンジすごくキモい》《デンジってこんなキモかったっけ》《パワーが胸揉むシーンに力入れててキモ!てなった》《デンジの声優の演技のキモさがギャグになってない》といった感想が相次ぐことに。

もちろん、デンジはいわば大人の見た目をした子どもであり、純粋な欲望に振り回されることが1つのテーマとなっている。その点を真摯に描き出すという意味では、今回の演出も間違ってはいないのだろう。

実際に「チェンソーマン」担当編集者の林士平氏は、第5話の放送にあたり、マキマのご褒美シーンが意味するところを解説。大きな共感を呼んでいた。

原作よりも生々しいデンジの欲望描写は、はたして吉と出るか凶と出るか…。アニメから入った新規ファンの反応が気になるところだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『チェンソーマン』11巻(藤本タツキ/集英社)

◆過去のアニメ「チェンソーマン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】