「シャンクス2人いる説」ガセ確定!?『ONE PIECE』104巻で問題のシーンを修正

「シャンクス2人いる説」ガセ確定!?『ONE PIECE』104巻で問題のシーンを修正

『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)

無数の伏線が張り巡らされていることでお馴染み、人気漫画『ONE PIECE』。11月4日に同作のコミックス104巻が発売されたのだが、そこで連載版からとある部分への修正が加えられていた。結果として、シャンクスにまつわる考察に大きな影響が…。

マントが修正対象に

104巻では、「ワノ国編」終盤あたりのエピソードを収録。『週刊少年ジャンプ』連載時に存在したセリフの誤字や、ちょっとした描写の不備などが修正されている。

その中でも注目すべきは、第1054話『炎帝』の修正点。ここではシャンクスがルフィの手配書を見たことをきっかけに、回想シーンへと突入。ルフィをかばって海王類に腕を失った場面が描かれるのだった。

元々は「ジャンプ」34号に掲載された回だったが、その際にはシャンクスは黒いマントを羽織った状態で海王類と対峙していた。ところが104巻に収録された同じシーンでは、マントが存在しない姿に変えられている。

あらためて回想の元となる第1話を見てみると、シャンクスは海に入った段階でマントを脱いでいた。つまりは連載版ではうっかりミスでマントを描いてしまったが、コミックス化にあたり、それを修正したということだろう。

マントの有無で盛り上がっていた考察勢

一見どうでもいい修正にも見えるが、実は一部のファンにとっては大きな意味をもつ変更だった模様。というのも、本誌掲載時には回想シーンと第1話でマントの有無が違っていることから、さまざまな考察が繰り広げられていた。

もっとも代表的なものは、《シャンクス、やはり複数人いた!?》といった反応。マントを付けていたシャンクスとマントを付けていないシャンクス、2人が存在したという説で、以前から真面目に考察されている「シャンクス複数人説」とリンクする部分がある。

また、シャンクスが実は「時間を戻す能力」の持ち主だという説や、過去を改変したり、幻覚を見せる能力者だという説も。「ONE PIECE」という作品のもっとも有名なシーンで、明らかな矛盾が提示されたとあって、そこに隠された意味を必死に読み取ろうとする人が相次いでいた。

結局はコミックスでの修正により、考察はどれも否定されてしまうことに。とはいえ、「シャンクス複数人説」などが完全に否定されたわけではないので、今後も細かな描写に注視していくべきだろう。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】