秋アニメの覇権確定!?『ぼっち・ざ・ろっく!』は『けいおん!』の再来なのか

秋アニメの覇権確定!?『ぼっち・ざ・ろっく!』は『けいおん!』の再来なのか

秋アニメの覇権確定!?『ぼっち・ざ・ろっく!』は『けいおん!』の再来なのか (C)PIXTA

『チェンソーマン』『機動戦士ガンダム 水星の魔女』『SPY×FAMILY』など、ビッグタイトルがひしめき合う2022年秋クールのTVアニメ。そんな中でアニメファンの中には、『ぼっち・ざ・ろっく!』こそが今期の覇権だと主張する人も少なくないようだ。

“神回”の第5話で評価が一変!

「ぼっち・ざ・ろっく!」はいわゆる「きらら枠」に該当する作品で、原作は『まんがタイムきららMAX』で連載中の4コマ漫画。主人公は陰キャを極めたような女の子の後藤ひとりで、基本的には彼女の奇行や「ぼっちあるある」などを楽しむ作品だ。

しかし同作の魅力はそれだけではなく、本格的なライブシーンや、後藤ひとりの成長物語なども見どころ。11月5日深夜から放送された第5話では、まさにそのガールズバンドアニメとしての面白さが炸裂しており、手描きのアニメーションによる圧巻のライブシーンが描かれていた。

その他にもキャラクターの感情の動きや絶妙な日常芝居などが丁寧に描かれており、原作ではたった8ページのエピソードを、大筋はそのままに上手く膨らませていた印象だ。

そんな第5話を見た視聴者からは、《マジでアニメだからこそできることやってきたぼざろ、正直今期覇権です》《ぼざろマジでおもろい》《ぼっち・ざ・ろっく見たけどめちゃくちゃ好きだわ 5話の曲が本当に良かった!》《演出全体的にセンスを感じる》《今期の覇権はぼざろだったか》といった声が上がっている。

ぼざろは「けいおん!」の再来!?

たしかにオタク界隈の盛り上がりとしては、「ぼっち・ざ・ろっく!」の勢いは「機動戦士ガンダム 水星の魔女」に負けず劣らず。

また、日常系アニメは海外ではマニア向けに分類され、人気が伸びづらいのだが、第5話をきっかけとしてレビューサイトなどの評価が急上昇しているという。

さらに「ぼっち・ざ・ろっく!」は楽曲にも力を入れているのだが、第5話のライブシーンでお披露目された劇中歌『ギターと孤独と蒼い惑星』は、『iTunes』のアニメチャートにて1位にランクイン。またOPやEDで使われた楽曲も軒並みトップ10入りを果たすなど、曲の売上にも期待できそうだ。

楽曲が売れたバンドアニメとして真っ先に思いつくのは、やはり同じきらら系列の大先輩『けいおん!』。SNSなどでは《ぼっちざろっく令和版けいおんって感じで非常に好き》《これマジで令和のけいおんになりそうじゃん》といった声も上がっており、“けいおんブームの再来”を期待するアニメファンも少なくない。

かといって、「けいおん!」の二番煎じといった印象があるわけでは全くない。令和版日常アニメの超新星が、群雄割拠の2022年秋クールでどこまで結果を残してくれるのか、楽しみでならない。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】