ラブコメ漫画の革命児! ジャンプ『アオのハコ』ハーレム回避で称賛の声「好感持てる」

ラブコメ漫画の革命児! ジャンプ『アオのハコ』ハーレム回避で称賛の声「好感持てる」

ラブコメ漫画の革命児! ジャンプ『アオのハコ』ハーレム回避で称賛の声「好感持てる」 (C)PIXTA

男性主人公が魅力的な女性ヒロインたちに言い寄られ、全員との関係をキープし続ける…。『週刊少年ジャンプ』の恋愛漫画でありがちだったそんな構図は、もう古いのかもしれない。現在連載中の漫画『アオノハコ』は、まったく新たな主人公像を生み出している。

※『アオのハコ』最新話の内容に触れています

「アオのハコ」は、バドミントン部の主人公・猪股大喜が、女子バスケ部の先輩・鹿野千夏に片思いする姿を描いた作品。そんな大喜に切ない恋心を寄せる新体操部の蝶野雛も加わり、三角関係の恋模様が繰り広げられてきた。

3人の関係が大きく動いたのは、第43話以降。雛が大喜に告白するも、大喜の千夏への思いを知っている雛は「今すぐ返事はいらない」と付け加えていた。それ以来、はっきりとした答えを聞かないまま、宙づりの状態が続くことに。

ところが11月14日発売の「ジャンプ」50号に掲載された第77話『それでも』では、まさかの急展開が。いまだ千夏との関係は進んでいないにもかかわらず、大喜が雛を振ることを決断したのだ。

どうやら大喜は千夏だけを一途に想っているため、雛をその気にさせたままでいることを誠実ではないと感じていた模様。恋愛漫画では早々見ない真人間すぎる対応と言えるだろう。

優柔不断すぎるラブコメ男子たち

大喜の毅然とした対応を、読者たちは大絶賛。ネット上では、《主人公がラブコメにしては誠実過ぎるので大好き》《この手の漫画の男主人公はだいたい好きになれんが、大喜は好感持てる》《初めて恋愛漫画で主人公に好感持ったかもしれん》《浮気とか不倫しないタイプの人の思考ぽい》《お前ジャンプラブコメ主人公らしからぬしっかりとした男だな》といった声が続出している。

その一方で、あまりに誠実な展開であるため、過去の「ジャンプ」作品の主人公たちがやり玉にあげられてしまうことに。《今までのラブコメ主人公は見習え》《毎日アオのハコ主人公の爪の垢食わせてやりたい》などと揶揄されていた。

振り返れば、『ニセコイ』の一条楽はメインヒロインを2人同時に好きになるなど、終始はっきりしない態度が反感を買っていたことが印象的。『ToLOVEる』の結城梨斗や『いちご100%』の真中淳平は、恋人関係になった相手がいても他の女性に心が揺れ動いていた。

これまでは「ラブコメ主人公=優柔不断・鈍感」というのがセオリーだったが、もはや令和の時代では通用しないのかもしれない。

文=野木

【画像】

Koldunova / PIXTA

【あわせて読みたい】