リカルド・マルチネスの“格”が落ちた?『はじめの一歩』1402話にファンから悲痛な叫び

リカルド・マルチネスの“格”が落ちた?『はじめの一歩』1402話にファンから悲痛な叫び

『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

11月16日発売の『週刊少年マガジン』51号に、長寿ボクシング漫画『はじめの一歩』の第1402話が掲載された。ついにリカルド・マルチネスの反撃が始まったのだが、その実力にケチが付くような描写もあり、賛否両論の声が上がっている。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

第4ラウンドを終え、なおもリカルドを圧倒し続けるウォーリー。リカルドのセコンド陣は進退窮まったのか、レフェリーを呼び出し、抗議を浴びせる。ロープを使ったウォーリーのジャングル殺法はルール違反だというのだ。

そこでレフェリーはウォーリー陣営に警告を行うのだが、セコンド・浜団吉は不満げな態度。移動にロープを使うことはルール上禁止されておらず、地元開催の王者に対する忖度だと断ずる。

そんな一悶着があった後、第5ラウンドが開幕。リカルドの左ジャブが、初めてウォーリーにジャストミートする──。

これまでの試合展開は、リカルドがウォーリーの奇妙なファイトスタイルに翻弄され、一方的にポイントを奪われていた状態。しかしようやく5ラウンド目にして、反撃の狼煙が上がることとなった。

いよいよ盛り上がる試合の行方に、読者たちは《リカルドついに反撃! 待ってました!》《案の定リカルドの反撃が始まるようだ。ウォーリー、ここからやぞ!》と歓声を送っている。

リカルドの反撃はレフェリーのおかげ!?

ここにきて唐突にリカルドのパンチが当たったのは、ウォーリーのスタミナ切れなのか、それとも何か秘策があったのか。真相はまだ分からないが、ひとまず気になってしまうのは、リカルドの反撃が始まる直前にレフェリーの警告が入っていたことだ。

ウォーリーは警告を受けてジャングル殺法を控えたわけではなく、自分から正面からの撃ち合いを選んだのだが、客観視すると「リカルドがレフェリーを味方につけた」ような印象を与えかねない展開だろう。

『はじめの一歩』では以前にも、レフェリーの地元贔屓により試合が左右されたことが。今回の試合も純粋な力比べにならないのでは…と、不安視するファンもいるようだ。

双方の“格落ち”が懸念されており、《リカルドが忖度されて勝っても両方の格が落ちるだけ》《反則勝ちとかレフェリーの忖度だけは辞めてくれ》《今週の一歩めっちゃおもろいけどちょっと地元判定入りそうなのが不安…》といった声が上がり始めている。

リカルドvsウォーリーの一戦は、まさしく作中における頂上決戦。純粋な力と力のぶつかり合いで、決着が付いてほしいところだが、どんな行く末を迎えるだろうか。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】