『エルデンリング』がノミネートされるも…“GOTY”で喜んでいるのは日本のゲーマーだけ?

『エルデンリング』がノミネートされるも…“GOTY”で喜んでいるのは日本のゲーマーだけ?

『エルデンリング』がノミネートされるも…“GOTY”で喜んでいるのは日本のゲーマーだけ? (C)PIXTA

1年のうちにリリースされた優秀なゲームを表彰する『ゲーム・オブ・ザ・イヤー』(GOTY)が、さまざまなメディアで発表されている。その中でもとくに権威があるとされる『The Game Awards』(TGA)のGOTY候補に、国内の人気タイトルが複数選出された。しかし海外と日本のゲームファンでは、このニュースの受け止め方が大きく異なるようだ。

不満だらけの「TGA」

今年の「TGA」において、作品賞に当たる「GOTY」にノミネートされたのは、全6タイトル。そのうち国内のメーカーが開発した作品は、フロム・ソフトウェアの『エルデンリング』と、モノリスソフトの『ゼノブレイド3』となっている。

中でも「エルデンリング」は、国内外で未曽有の大ヒットを記録した作品。受賞の可能性が濃厚だということで、日本のゲームファンからは歓喜と期待の声が上がった。

しかし一方で、SNSや掲示板を見ると、海外ゲーマーたちからは《ラインナップが微妙すぎる》といった不満の声が。

実際にラインナップを見ると、11月に発売されたばかりで評価が定まっていない『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』、好評ではあるが大作ではない『Stray』、「ポリコレ配慮ゲー」と言われた『Forbidden West』などが含まれている。

今年のゲームの一番を決める賞にしては、たしかに微妙な印象を受けるラインナップ。和ゲーに興味のない層からすれば、心が踊らない選出に違いないだろう。

「GOTY」は結局出来レース?

また、ゲームの選出基準に作為的なものを感じるという見方も。

今年の「TGA」では、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが20ノミネートと圧倒的に多く、それ以外のパブリッシャーのノミネート数は半数以下となっているのだ。

海外の大手掲示板『Reddit』では、そうした傾向が“出来レース”扱いされており、《結局GOTYは無意味な箔をつけるだけのものだよ》《ゲーマーがGOTYを受賞したゲームを毛嫌いするんじゃ、この賞は一体何のためにあるんだ?》《GOTYはいつも「大体こんなもん」だよ》など、冷めたコメントが多数書き込まれていた。

ゲームの面白さを決めるのは、いつだって自分自身の体験のはず。それにもかかわらず、普段は斜に構えた日本のゲームファンたちも、毎年この時期になると「GOTY受賞」という名誉をそわそわと気にし始める。

こうした反応も日本人に根強く残る海外コンプレックスゆえかもしれないが、「GOTY」の権威が疑われている今、いい加減“卒業”の時が迫っているのかもしれない。

文=富岳良

【画像】

StudioRomantic / PIXTA

【あわせて読みたい】