配信者の祭典『CRカップ』に出来レース疑惑!“100ワニ騒動”を思い出すファンたち

配信者の祭典『CRカップ』に出来レース疑惑!“100ワニ騒動”を思い出すファンたち

配信者の祭典『CRカップ』に出来レース疑惑!“100ワニ騒動”を思い出すファンたち (C)PIXTA

11月18日、人気配信者たちの祭典『Crazy Raccoon Cup』(CRカップ)が開催。FPSゲーム『オーバーウォッチ2』によって激闘が繰り広げられたのだが、その結果が「出来レースではないか」と疑われてしまったようだ。

“ストリーマー界隈の火薬庫”でボヤ騒ぎ

今回の「CRカップ」にも人気ストリーマーやVTuberたちが集まり、その面々が4チームに振り分けられることに。3日間のスクリムを経て本番が行われた結果、「CR」所属ストリーマー・うるか率いる『ボドカの右』チームが、無傷の4連勝で優勝を果たした。

そこで視聴者の間では、チームバランスの偏りが疑問視されていた模様。優勝チームに競技経験者であるうるかやSHAKA、別タイトルの元プロゲーマーであるKamitoやだるまいずごっどが揃っていたため、不満が集まったようだ。

とはいえ、他チームにも十分強豪プレイヤーが揃っており、多少チーム分けに差があってもあくまで偶然の範疇である印象。そもそもストリーマーイベントでチーム分けに文句がつくのは、いつものことだ。

しかしそんな中、大会後に行われた“とある発表”が疑惑に拍車をかけることに。結果発表と同時に、「CR×OWアパレルコラボ商品」として、「CR」と「オーバーウォッチ2」とのコラボ企画が発表。そこに参加するメンバーが、優勝チームの面々と重なっていたのだ。

リメンバー「100ワニ騒動」

コラボが発表されたのは、だるまいずごっど、うるか、そして同チームのコーチを務めたSelly。他の出場チームにも「CR」メンバーは含まれていたのだが、偶然にもコラボには名前が上がっていない。

そうした流れから、コラボが決まっているメンバーを優勝させるための出来レースだったのではないか…という疑いが浮上。《商品自体は凄く良いんだけどさ、出来レースに思えるわ流石に》《出来レースとか忖度とか言われても仕方ないと思う。ていうか疑わない方がおかしい》《コラボしてるの全員Aチーム…あれれ? おかしいなぁ》《アパレルブランドの宣伝のために出来たチームなんだろうな》《失望したよ、最初期のワクワクを返してくれ》といった批判の声が続出していた。

騒動を受けて、「CR」オーナーのおじじ氏はツイッター上で釈明。《チームバランスに対する批判があるのは重々承知してます。全ての責任は僕にあります》《グッズが出る事を考えてチーム分けは誓って一切してませんし、代打で急遽人が変わった事実も一切ないです》などと説明している。

チームバランスについては結果論で済んだ話だが、やはりコラボ案件まで絡むとなると話は別。似たようなケースでいえば、Web漫画『100日後に死ぬワニ』の連載終了時に突如発表されたグッズ展開をめぐる炎上騒動が記憶に新しい。

有名チームと人気ゲーム同士の豪華なタイアップ企画だっただけに、ケチがつく結果となってしまったのは残念だ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】