『はじめの一歩』試合展開が雑!? リカルド・マルチネスの逆転劇にツッコミ

『はじめの一歩』試合展開が雑!? リカルド・マルチネスの逆転劇にツッコミ

『はじめの一歩』136巻(森川ジョージ/講談社)

『はじめの一歩』において、ますます過熱する“絶対王者”リカルド・マルチネスと“天才野生児”ウォーリーの戦い。11月22日発売の『週刊少年マガジン』52号に掲載された最新話では、試合の流れが一気に変わり始め、読者たちを熱狂させているようだ。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

これまでウォーリーの奇想天外なファイトスタイルに翻弄されていたリカルドだが、第5ラウンドにして初めてそのパンチが顔面にクリーンヒット。第1403話『基本の限界値』では、勢いそのままに試合の主導権を握り始めるのだった。

さらにリカルドはウォーリーをコーナーに追い詰め、渾身の右ストレートを叩き込む。食らったリカルドは、そのまま糸の切れた人形のようにへたり込むのだった。

前回反撃の予兆を見せたリカルドが、今回はあっという間に主導権を奪い返すという、非常にスピーディーな展開に。いつも活動している場所よりも酸素濃度が低い会場なので、ウォーリーは呼吸が荒くなっており、それが劣勢にも影響しているようだ。

ただし、セコンドのミゲルいわく、ウォーリーにはまだ「最終奥義」があるというので、今後の攻防はさらに白熱するかもしれない。

逆転劇に一抹の不安も…

一進一退の白熱した試合展開に、読者たちは盛り上がっている様子。ネット上では《はじめの一歩のウォーリーvsリカルド、久々に激アツ》《リカルドvsウォーリーの世界戦も打ち合いが始まって熱くなってきた》《今週の一歩はマジ熱かった!》と絶賛の声が上がっている。

ただし、この逆転劇に納得いかない人もいるようで、《もうちょっと解説役連中に失速の理由付けを説明させた方がよかった》《びっくりするほど凡庸な展開》《一歩戦で見せたコーナーこそ最大の武器って設定はどこに消えたんだ?》といったツッコミも。

たしかに酸素濃度を理由に失速し、一転攻勢が始まることについては、唐突な印象があるかもしれない。

また今回の試合では、リカルドがウォーリーをコーナーに追い詰めていたが、そもそもコーナーワークはウォーリーが最も得意とするところ。一歩との試合では、何度もコーナーに追い詰められつつも、ロープの反動を利用し、見事に攻撃を凌いでいた。

前回、レフェリーがロープを利用するウォーリーの移動術について注意を行っていたため、使用を控えたのかもしれないが、それはそれで試合展開としてはリカルドの“格落ち”につながりそうだ。

全読者が納得させつつ、両者を格落ちさせないような最高の展開を描くのは難しいようだ…。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』136巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】