『名探偵コナン』かわいそうな被害者ランキング! 勘違いで転落死した被害者も…

『名探偵コナン』かわいそうな被害者ランキング! 勘違いで転落死した被害者も…

『名探偵コナン』102巻(青山剛昌/小学館)

『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナンの行く先々では、必ずと言っていいほど殺人事件が起こる。当然その数だけ被害者も存在するのだが、中には「こんなことで殺されるなんて…」と同情を禁じ得ないケースも。今回は、そんなかわいそうな被害者たちにスポットを当ててみよう。

犯人の思い込みから生まれた悲劇

<3位>水無月千秋
水無月千秋は、単行本83巻に収録されているエピソード『意外な結果の恋愛小説』の被害者。助手を務めていた恋愛小説家・火浦京伍の手により、葬られてしまった。

火浦が罪を犯したのは、水無月が自分の人生をめちゃくちゃにしようとしている…と考えたから。

彼は水無月のファンレターに同封されていた物語をアレンジし、タイトルも構成も水無月がほとんど考えた小説『電話と海と私』を執筆していたが、それをネタに家族も地位も名誉も金も奪われる…と思い込んだという。

だが、全ては彼の“勘違い”にすぎなかった。水無月は火浦を陥れるどころか、子どもの頃から彼を慕っており、小説の元ネタとなったファンレターも水無月が小学生の頃に送ったもの。

さらに新作のタイトルにも仕掛けがあり、「TEL(電話) SEA(海) I(私)」と英語に変換させ、下から順番に読むと「I(アイ) SEA(シ) TEL(テル)」に。この要領でファンレターのペンネームを読み解くと、水無月にたどり着く仕掛けだったのだ。

水無月にとってはちょっとしたサプライズのつもりだったのだろうが、これが火浦に猜疑心を抱かせる結果となる。

彼女もまさか殺されるとは思ってもみなかっただろう。