一番ハズレの斬魄刀といえば?『BLEACH』の残念すぎる卍解ランキング!

一番ハズレの斬魄刀といえば?『BLEACH』の残念すぎる卍解ランキング!

『BLEACH -ブリーチ-』74巻(久保帯人/集英社)

『BLEACH』に登場する死神たちは、斬魄刀の能力を解放した「卍解」を奥の手とする。いわば、究極の必殺技と言えるのだが、その中には実戦に耐えない性能のものも…。今回は「残念すぎる卍解」をランキング形式でご紹介していこう。

<3位>砕蜂「雀蜂雷公鞭」

砕蜂は、死神たちの世界に君臨する「護廷十三隊」の二番隊隊長。傲岸不遜な態度で、いかにも強キャラっぽい雰囲気を漂わせている。

実際に砕蜂の斬魄刀「雀蜂」は、かなり強力な能力をもつ。始解の「弐撃決殺」は、二度同じ部位に攻撃を当てれば相手が落命する、チートのような性能だ。

しかし卍解の「雀蜂雷公鞭」は、始解状態とは全く別の能力に変化する。

その能力は、巨大な砲台のようなフォルムに変形した右腕から、ミサイルを発射するというものだった。

おそらくは「弐撃決殺」の始解に対して、「一撃必殺」の卍解というコンセプト。かなりド派手な見た目であり、威力も高い技ではある。

しかし、そもそも砕蜂は隠密を生業とする者である上、スピードを活かした戦闘スタイルなので、ミスマッチ感が強い。

なお作中では、「破面篇」のバラガン・ルイゼンバーン戦で初めて使用。無理しながら二発撃ったものの、バラガンを倒すには至らなかった。

それどころか自分に返ってくる反動と相手に与えたダメージが釣り合っていないという、何とも微妙な結果に終わっている。