ウミヘビに噛まれたらアイスティー?『名探偵コナン』が教えてくれたタメになる雑学3選

ウミヘビに噛まれたらアイスティー?『名探偵コナン』が教えてくれたタメになる雑学3選

『名探偵コナン』102巻(青山剛昌/小学館)

『名探偵コナン』で事件解決のためにコナンが発揮しているのは、推理力だけではない。危険から身を守ったり、謎を解いたりするために、いくつもの豆知識が披露されているのだ。

今回はその中でも、現実生活でタメになりそうな豆知識を3つピックアップしよう。

実用的?「ヘビに噛まれたら紅茶」

17巻に収録された『スキューバダイビング殺人事件』では、猛毒を持つエラブウミヘビを使った殺人未遂が行われた。

エラブウミヘビはハブの70倍以上の神経毒を持ち、一説によると死亡率が6割を超すほどの毒性だという。

そんな恐ろしいヘビに噛まれた被害者に対して、コナンが示した応急処置は、患部をきつく縛ったうえで、毒を口で吸い出し、アイスティーで傷口を洗うというもの。

毒を吸い出した口もアイスティーでゆすぐ必要があるという。

コナンによると、紅茶に含まれる「タンニン」が毒の成分を中和する効果を持つとのこと。

なお、タンニンは紅茶以外にも、コーヒーやワイン、渋柿などにも含まれている。

手近なものでできる応急処置だが、リスクが伴うことには注意が必要。

もしエラブウミヘビに噛まれることがあったとしたら、まずは専門家の指示を受けてほしい。