『バクマン。』が描けなかった衝動…“純粋”に漫画と対峙する傑作『これ描いて死ね』

『バクマン。』が描けなかった衝動…“純粋”に漫画と対峙する傑作『これ描いて死ね』

『バクマン。』が描けなかった衝動…“純粋”に漫画と対峙する傑作『これ描いて死ね』 (C)PIXTA

「漫画を描くこと」をテーマとした漫画作品は、過去にいくつも存在した。『バクマン。』はそのもっとも有名な例の1つだが、実は同作で表現されているのは一面的な漫画家像でしかない。

今回取り上げる『これ描いて死ね』は、「バクマン。」に欠けているものを詰め込んだ、世界一ピュアな漫画家漫画と言えるだろう。

「漫画を描くこと」の素朴な楽しさ

「これ描いて死ね」は、『ラブロマ』や『金剛寺さんは面倒臭い』で知られるとよ田みのるの最新作だ。

物語の主人公、安海相(やすみ・あい)は東京都の島しょ・伊豆王島に住む高校1年生。漫画を何よりも愛している彼女は、長年活動休止状態だった憧れの漫画家「☆野0先生」がコミティアに出展することを知り、東京に旅立つ。

そしてコミティア会場での人生を変える出会いから、漫研を立ち上げることを決意。作画担当の藤森心(ふじもり・こころ)と共に、漫画制作に挑戦していく…。

漫画をテーマにしている点や、作画と原作で担当が分かれている点など、『バクマン。』『G戦場ヘヴンズドア』といった過去の漫画家テーマの作品を思い出す部分も多い。

しかし「バクマン。」は、『週刊少年ジャンプ』という漫画家同士の熾烈な競争の中で、商業的な成功を目指すストーリー。

そして「G戦場ヘヴンズドア」は、プロの生き方そのものを問う作品だ。

その中で「これ描いて死ね」がユニークなのは、純粋に漫画を“趣味”として楽しむ方向性が定まっていることだろう。

主人公たちの目標は、誰でも参加可能の同人誌即売会で漫画を売るという等身大のもの。

そして創作の原動力は“読者を楽しませること”であり、商業主義の論理はほとんど入ってこない。