ゲーム『ONE PIECE ODYSSEY』に暗雲…発売直前なのに話題にならないワケ

ゲーム『ONE PIECE ODYSSEY』に暗雲…発売直前なのに話題にならないワケ

『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)

1月12日、大人気漫画『ONE PIECE』を題材としたゲーム『ONE PIECE ODYSSEY』が発売される。発売直前という状況だが、それにもかかわらず、ネット上ではほとんど話題になっていない。なぜファンたちは興味を示さないのだろうか。

尾田っち賞賛もファンは湧かず

同作はPS5やPS4、Xbox Series X|SでプレイできるRPGゲーム。PCに対応したSteam版も1月13日に発売される。

「ONE PIECEの世界に触れる」ことをコンセプトとしており、「麦わらの一味」を操作しつつ、嵐に囲まれた謎の島「ワフルド」から脱出する物語になるという。

「アラバスタ王国」「ウォーターセブン&エニエスロビー」「マリンフォード」「ドレスローザ」といった場所も出てくるとのことで、原作ファンを意識した作りとなることが予想される。

原作者・尾田栄一郎もキャラクターや動物などのデザインを担当しているのだが、同作のクオリティについて「映画かよ!!!」「没入感スゴすぎる!!」と絶賛コメントを寄せていた。

こうした情報だけ見ると、さぞかし盛り上がりそうな雰囲気があるものの、ネット上の話題性はさっぱり。

むしろ「発売直前なのにまったく盛り上がっていない」ことが話題になっている始末だ。

なぜ原作ファンが否定的なのか

これほどまでにファンの反応が冷めているのは、なぜなのだろうか。

その理由の1つは、同作がコマンドバトルゲームだからだろう。

「ONE PIECE」といえば、ド派手なバトルシーンが見どころの少年漫画だ。

当然、ゲーム化にあたっては爽快感のあるアクションゲームを期待する人が多いのだが、「ONE PIECE ODYSSEY」ではJRPG的なターン制のコマンドバトルが採用されている。

これに拒否感を示す人も多く、《コマンドバトルがだいぶ嫌》《何でこの世界観でコマンドバトルやねん》《今時PSでコマンドゲーム作る意味がわからん》《アクションなら買ったかもしれんけど、コマンドはないわ》と賛否を呼んでいる状況だ。

さらにいえば、「ONE PIECE ODYSSEY」は現在の覇権ハードであるニンテンドースイッチには未対応。

せっかく興味を持ったファンからも、《予約しようとしたらSwitch版なくて泣く》《PS4か5を買えって言うんですか!?》など、落胆の声が上がっている。

劇場版『ONE PIECE FILM RED』が大ヒットし、オリジナルキャラが「第73回紅白歌合戦」に出場するという絶好のタイミングでの発売されるのだが…。

まさかこのお膳立てがあった上で、売上がコケることはないと願っている。

文=ゴタシノブ
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】