日本の映画業界がダメダメな理由! ファン激怒の邦題が付けられた洋画3選

日本の映画業界がダメダメな理由! ファン激怒の邦題が付けられた洋画3選

日本の映画業界がダメダメな理由! ファン激怒の邦題が付けられた洋画3選 (C)PIXTA

海外の映画が日本で公開されるにあたり、内容と全く関係のないタイトルやミスリードを誘うタイトルを付けられてしまう作品は少なくない。

今回はファンの間で「さすがにこれはどうなの…」と騒がれてしまった邦題の中でも、とくに酷い3作品をご紹介しよう。

酷すぎて配給会社が謝罪&変更

まず“史上最もひどい邦題”として映画ファンから批判されているのが、2006年にDVDで発売されたアメリカ映画『バス男』。

原題は『Napoleon Dynamite』(ナポレオン・ダイナマイト)で、オタク青年が主人公の映画だ。

ところが公開当時、日本では『電車男』ブームの真っただ中。

それに便乗するためか、「バス男」というパロディのようなタイトルが付けられ、「アメリカ版『電車男』!」「キタ――――(゜∀゜)――――!!!!!」といったキャッチコピーを展開されてしまった。

しかし「バス男」といいつつ、肝心のバスは冒頭にしか出てこず、「電車男」との共通点は主人公がオタクであることしかない。

後にBlu-ray&DVDが新たに発売されたが、タイトルは原題と同じ「Napoleon Dynamite」(ナポレオン・ダイナマイト)に改題。

ちなみに発売に際して、20世紀FOXホームエンターテイメントジャパンは《時代に便乗してこんな邦題をつけてしまい大変申し訳ございませんでした》とツイッターで謝罪していた。