『にじさんじ』リーサルウェポンが待望のデビュー!“サロメ嬢”に続くスターになるか

『にじさんじ』リーサルウェポンが待望のデビュー!“サロメ嬢”に続くスターになるか

『にじさんじ』リーサルウェポンが待望のデビュー!“サロメ嬢”に続くスターになるか (C)PIXTA

1月16日、大人気VTuberグループ『にじさんじ』から新たなライバーたちのデビューが決定。発表された顔ぶれの中には、約3カ月にわたって消息不明となっていた“期待の新星”も含まれており、ファンたちがお祭り騒ぎとなっているようだ。

女性ライバー7名が一挙デビュー

「にじさんじ」公式の発表によると、デビューが決まったのは小清水透、獅子堂あかり、鏑木ろこ、五十嵐梨花、石神のぞみ、ソフィア・ヴァレンタイン、倉持めるとの7名。

初配信は1月19日から2日間に分けて、各YouTubeチャンネルにてリレー形式で行われるという。

「にじさんじ」で“全員女性”の新人ライバーたちが追加されるのは、昨年3月にデビューした「Ranunculus(ラナンキュラス)」以来のこと。

また、運営元のANYCOLOR株式会社によるタレント育成プロジェクト「バーチャル・タレント・アカデミー」(VTA)の出身者が多く、鏑木ろこは「VTA」1期生、石神のぞみと倉持めるとは「VTA」2期生である。

にじさんじ期待の新星が輝く時

新人ライバーたちの中で、とりわけ注目を浴びているのが鏑木ろこ。「VTA」の出身者は、デビューが決まった段階で配信アーカイブなどが非公開にされる傾向にあるのだが、彼女は昨年10月ごろの時点で表舞台から姿を消していた。

ところがそれ以降、一切公式からの情報発信がなかったため、「デビューすることなく引退したのではないか…」というウワサも浮上。もともと人気が高く、次世代スター候補として注目されていたこともあり、なおさらファンたちの声が目立っていた。

今回、そんな鏑木ろこがついにデビューすることに決定。

SNS上では、《鏑木ろこがついに正式デビューで泣いてる》《鏑木ろこちゃんがデビューできて本当に良かった…》《鏑木ろこ待ってたよほんとに信じてたよデビューおめでとう》《鏑木ろこちゃんデビューめちゃくちゃ待ってた! 嬉しい》《VTAから動画消えてるし音沙汰もないしで割と真面目にもう見れんのやなぁと思っとったからうれしいわぁ》と喜びの声が相次いでいる。

期待を一身に背負った鏑木ろこは、初ツイートで《待たせたなぁ、世界》と投稿。「にじさんじ」の先輩メンバーから、祝福のリプライを寄せられていた。

「にじさんじ」の新人女性ライバーとして、壱百満天原サロメ以来のスター誕生となるか。今後の活躍から目を離せない。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】