炎上VTuber企業と決別! 大ブレイク中『あおぎり高校』が“呪い”から解放される

炎上VTuber企業と決別! 大ブレイク中『あおぎり高校』が“呪い”から解放される

炎上VTuber企業と決別! 大ブレイク中『あおぎり高校』が“呪い”から解放される (C)PIXTA

現在人気沸騰中のVTuberグループ『あおぎり高校』が、『株式会社Brave group』傘下からの脱退を発表。その理由として、VTuber業界最大の黒歴史と名高い“ゲーム部プロジェクト炎上”について言及しており、ファンを騒然とさせている。

今も語り継がれるゲーム部炎上騒動

先日YouTube上で公開された動画では、石狩あかり・音霊魂子・大代真白の3人が、移籍に至った経緯を詳しく説明。『株式会社viviON』に移籍し、再出発を図ることを明かした。

移籍理由については、スタッフの人材不足などが挙げられていたが、中でも注目を浴びたのは“呪い”との決別。ゲーム部プロジェクトの炎上騒動について、「1つの区切りにしたい」と語っている。

そもそも「株式会社Brave group」は、2018年から2020年まで『株式会社Unlimited』という社名でVTuberグループの運営を行っていた企業。中でも有名だったのは「ゲーム部プロジェクト」で、一時は業界でトップクラスの人気を誇った。

しかし所属VTuberの“中の人”たちが、別名義のツイッターアカウントで一斉に会社のブラック体質を暴露。睡眠時間もまともに取れないほどの激務だったことや、スタッフからキャストへのパワハラ行為などが綴られていた。

さらにキャストをなんの説明もなく突然変更するという暴挙まで犯し、界隈全体を巻き込む大炎上に発展。その後、「ゲーム部プロジェクト」は解散に至っている。

「あおぎり」に残るゲーム部炎上の呪縛

「あおぎり高校」も「株式会社Unlimited」の時代に活動を始めたグループで、以前は『あおぎり高校ゲーム部』という名前だった。

当初は「ゲーム部プロジェクト」の関連グループとして見られており、実際にコラボ動画などを公開したこともある。

そのため「株式会社Brave group」に社名が変更され、子会社の『株式会社クリエイトリング』に運営が移管されてからも、“ゲーム部炎上”の爪痕が色濃く残っていたようだ。

実際に大代真白は、SNSでエゴサした際に「あおぎり高校おもろいけどゲーム部とのアレがあるからちゃんと推せない」といった書き込みを見たことがあると吐露。また音霊魂子は少しでも体調が悪いことを公表すると、ファンから「運営と何かあったんですか!?」と過剰に心配されることを明かしていた。

そうした背景から、今回の移籍は好意的に受け止められており、SNSなどでは《ようやく一部の人から未だに悪名高いイメージがついたままの親会社から離れて、ゲーム部プロジェクトの呪縛から解放されるんだなぁ》《あおぎりはやっとゲーム部と離れれるのか それはそれで良かった気がする》《ようやくゲーム部の呪いから解き放たれるな》といった声が上がっている。

ちなみに「株式会社viviON」は、あの『DLsite』を運営している会社でもあるので、いろいろな意味で自由な活動ができるかもしれないとのこと。新天地でのさらなる活躍を祈るばかりだ。

文=大上賢一

【画像】

FabrikaSimf / PIXTA

【あわせて読みたい】