ステインが寝返る可能性も…?『ヒロアカ』378話 過去の強敵たちが味方に

ステインが寝返る可能性も…?『ヒロアカ』378話 過去の強敵たちが味方に

『僕のヒーローアカデミア』36巻(堀越耕平/集英社)

「過去に戦った敵が味方になる」という展開は、少年漫画の王道として、つねに人気を集めている。1月24日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』の最新話では、まさにそんな王道展開が繰り広げられ、読者のハートに火をつけているようだ。

※『ヒロアカ』最新話の内容に触れています

第378話『皆がヒーローになるまでの物語(4)』では、前回再登場したハッキングのプロ・ラブラバが、スケプティックのサイバー攻撃に対抗していく。

しかし「雄英高校」のシステム不具合の修復には間に合わず、建物の墜落は止められそうにない。このまま地上にぶつかるかと思いきや、そこで登場したのは“救世たる義賊の紳士”ことジェントル・クリミナルだ。

さらに死柄木弔が動き出したタイミングで、一発の銃弾がその手を貫く。射線の向こうにいたのは、かつて緑谷出久と一戦を交えたレディ・ナガンだった──。

ラブラバ&ジェントルといえば、「文化祭編」に登場した人気ヴィランのコンビ。またレディ・ナガンは第311話で初登場したヴィランで、多くの読者を魅了していた。

過去に活躍したヴィランが、最終決戦で味方として駆けつけるという激アツ展開。これにはネット上も、《服役中のヴィランたちがヒーロー側に! 胸熱だ!》《ジェントルにラブラバ、そしてナガン…最高じゃねぇか!》《レディ・ナガン生きとったんかワレェー!》《最後ナガン!? まじかよ熱すぎだろ…》と大熱狂している。

次に寝返るのは誰?

ラブラバ&ジェントルに加えて、ナガンも参戦を果たしたが、読者の間では「他にも助っ人が来るのではないか」と予想されている。

期待値が高いのは、“ヒーロー殺し”の異名を持つ敵・ステイン。第326話では落ち込んでいたオールマイトのもとに登場し、彼に発破をかけていた。その際は軽いサポートのみだったが、本来は高い戦闘能力が持ち味のキャラクターなので、戦場に駆け付ける可能性は高いだろう。

また「死穢八斎會」の若頭、オーバーホールにも期待が寄せられている。修復・治癒に長ける個性なので、戦況を大きく左右する逆転の一手になるかもしれない。

ただし、オーバーホールは逮捕された際、個性の発動条件に必要な手を切り落とされている。

一体どんな展開で再登場を果たすのか、ヒーローたちの逆転劇に注目したいところだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』36巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】