SNSの「怪しい懸賞」を徹底検証!【令和版“懸賞生活”のススメ その1】

(C)PIXTA

日頃からSNSを使っている人たちは、「iTunesカードプレゼント」や「現金10万円くばります!」といった懸賞の投稿を一度は目にしたことがあるだろう。何もせずに金目の物が手に入るというあまりにも怪しい投稿の数々に、「本当に当たるの…?」と思う人も少なくないはず。

そこで本企画では実際にこれらの懸賞に応募し、その結果を検証。露骨に詐欺っぽい投稿にも果敢に応募し、実態に迫っていく。題して〝令和の懸賞生活〟が、今ここに幕を開けたのだった…。

今回の企画を始めるにあたり、筆者はツイッターとインスタグラムのアカウントを作成。まずは多くの懸賞が蔓延るツイッターにターゲットを絞り、「懸賞」というワードで検索をかけてみた。すると出てくる出てくる、お金やiTunesカードをプレゼントするという懸賞の数々。他にも食品やゲーム、さらに宝石といった高価な景品も。

応募方法はほとんどの懸賞が一貫しており、「アカウントのフォローとツイートのリツイート」という簡単な作業のみ。「怪しすぎる…」という思いとは裏腹に、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と先人たちが残したお言葉も頭を過ぎる。そんな気持ちで検索からヒットした懸賞のうち、締切日が近いものを徹底的にフォロー&リツイート。無我夢中で実行していると、いつの間にか40件近くの懸賞に応募していたのだった。

世の中そんなに甘くない?

しかし、応募から数日が経過するも、待てど暮らせど当選の連絡は来ず。ここで心中に去来したのは「応募件数が少なかったのか…?」という不安と、「やはりこの手の懸賞に当たりはなく、そもそもが出来レース」といった相手への疑い。このままハズレくじばかり引いていても真実は追及できないため、すでに企画自体が打ち切りになってしまいそうな空気が流れ始める。

諦めムードが漂い始めた矢先、突然フォロー申請してきたアカウントから一通のDMが。そこには『ウルフ村田』なる人物からの「参加するだけで、今世紀最大のプレゼントがもらえます!!」「とりあえず受け取ってください!」というメッセージと、〝今世紀最大の救済プロジェクト〟への招待URLが記載されていた。怪しさ満点だったが藁にも縋る思いでURLをクリックしてみた結果、雑誌などでよく見る「幸運を呼ぶネックレス」を売りつける広告のようなド派手なサイトが姿を現す。

そこは「THE・ウルフ」という謎の投資で利益を得ることを勧めるサイトのようで、「コロナショックでも勝ち抜くための簡単な資産構築法を緊急無料公開!」「月収100万円も簡単に目指せる!」などの謳い文句がズラリと並んでいる。しかしとくに「THE・ウルフ」の具体的な説明はなく、メールアドレスやLINEの登録方法などしか書かれていないのだった。

今回の懸賞では当選はなかったものの、金目当てのTwitterアカウントには怪しいサイトからの勧誘DMが届くことが判明した。次回からは本腰を入れて、より大胆な検証に挑んでいきたいと思う。

現在の累計儲け金額

もちろん0円…。

文=大獄貴司

【画像】

HiroS_photo / PIXTA

【あわせて読みたい】