現金orキャッシュレス、あなたはどっち派? メリット・デメリットを徹底検証!

(C)PIXTA

新型コロナウイルスの流行により、最近では人との接触に気を遣うシーンが増えてきた。〝三密〟を避けるためにテレワークが導入されるなど、新たな生活様式も普及し始めている。その流れで大きな注目を浴びているのが、現金の受け渡しが必要ない「キャッシュレス決済」だ。今回はキャッシュレス派と現金払い派の主張を取り上げながら、それぞれのメリット・デメリットを確認していこう。

スマートフォンやクレジットカードを利用したキャッシュレス決済は、何より衛生面での利点が大きい様子。ネット上では《誰が触ったか分からない現金でやり取りするよりは、キャッシュレス決済の方が安心できるよね》といった声が上がっている。

その他にも決済がラクにできる点や、利用明細が残る点も大きな特徴で、《スマホやカードがあるだけで決済できるのは楽すぎる》《現金を使った感覚がなくなるかもって思ってたけど、チャージ式のカードとか交通系電子マネーだったらその心配もなく使える》《カードの利用明細がレシートの代わりになるから、家計簿を付けている私にとっては断然キャッシュレス!》などと支持されていた。

その一方で、昔ながらの現金決済にこだわり続ける人も。現金派からの意見としては《王道の理由だけど、キャッシュレスだとお金を使った感覚がないのが不安。いくら使ったのか把握できる自信がない》《出先でスマホが壊れたらって思うと現金決済から移行できない》《レジで後ろの人を待たせちゃったらどうしよう、って思うとなかなかキャッシュレス決済を始められない》《○○Payが多すぎて、何を選んだらいいのか分からない》といったものが上がっている。現金支払いにこだわりがあるというよりは、「キャッシュレスの波についていけない」という姿勢が大半を占めていた。

またどちらの派閥とも言い難い、《現金派だけどネットバンキングは便利だから使っている》という声も見受けられる。ネットバンキングとは、従来からある銀行の手続きをインターネット上で行うサービスのこと。都市銀行や地方銀行でも普及しつつあり、「振込手数料が窓口よりも安く済む」「ATMまで出向かなくても取り引きができる」といった利点があるため、現金派も抵抗なく利用している人が多いようだ。

○○Payってどれだけ便利?

消費税増税に伴い、キャッシュレス決済によるキャッシュバックが実施されたり、『PayPay』が「100億円あげちゃうキャンペーン」を打ち出すなど、昨年2019年はキャッシュレス化に大きな動きがあった年だ。さらに「PayPay」だけでなく『LINE』や『メルカリ』、『楽天』などの大手事業者も、アプリ上のQRコードで決済する〝○○Pay〟サービスを展開し始めている。

ネット上には各サービスの口コミが多数上がっており、《楽天ぺイはスマホの画面が見やすくて、ポイントも使いやすいから便利!》《Amazon PayはAmazonの登録さえしていればすぐに利用できるので、面倒な手続きが不要でうれしい》《PayPayとLINE Payは1円単位で還元してくれるから、すごく重宝しています》といった声が見受けられた。

今後○○Payを活用していくなら、自分にとってお得になる機能やポイントの還元率などを見極めていくことが重要だろう。

文=彅野アン

【画像】

freeangle / PIXTA

【あわせて読みたい】