さらばPPAP! 日本のビジネス界に「zipファイル革命」を期待する声

(C)PIXTA

11月17日に行われた記者会見で、デジタル改革担当大臣の平井卓也氏が「暗号化zipファイル」の廃止を検討していることを発表。長年懸念されてきた〝PPAP問題〟に決着の兆しが見えたとして、ネット上で大きな話題を呼んでいる。

記者会見にて平井氏は、「暗号化zipファイル」を内閣府、内閣官房で廃止する方向で検討していると説明。他省庁についても、実態調査を行うように指示を出しているという。なお、この改革はデジタル化に関する意見を募集するサイト「デジタル改革アイデアボックス」上で要望が多かったことから実現したそうだ。

「暗号化zipファイル」とは、データをzipファイルとして圧縮した際にパスワードを設定する方法のこと。実際の手順としてはメールでzipファイルが送信された後、別のメールで平文のパスワードが送信されるという流れになっている。セキュリティ上のリスクが高く、長年にわたって「時間の無駄」と指摘されてきた。

この問題は「P:パスワード付きzipファイルを送ります/P:パスワードを送ります/A:暗号化/P:プロトコル」、通称〝PPAP〟として有名だったもの。デジタル化に向けた大きな一歩に、ネット上では《パスワード付きzipファイル廃止!? やったー!》《祝、さらばPPAP!》《こういうのは霞が関で積極的にやってほしい。民間にも浸透するので》《よくPPAPで送ってこられるけど手間でさあ…。これを機にみんなやめてくれ》と歓喜の声が上がっている。

そもそもzipファイルのやり取りが時代遅れ?

PPAP問題が話題となる一方、zipファイルをメールで送受信すること自体にも疑問の声が上がっている。スマートフォンでメールを確認する際、添付されたzipファイルが開きにくい…という問題があるようだ。

また、zipファイル化はデータ容量を圧縮することが大きな目的。しかしJPEGやPDFなどのファイルについては、圧縮前と後でほとんどデータ容量が変わらない。ネット上では、zipファイルを介したデータのやり取りについて、《解凍する手間が増えるだけ》という意見も上がっていた。

最近ではクラウド上でデータを共有する「オンラインストレージ」や、大容量のデータをやり取りできる「ファイル転送サービス」も一般的になりつつある。〝脱PPAP〟を遂げた後、日本のデジタル改革がどのように進展していくのか、今後の動向を見守っていきたい。

文=前田敦

【画像】

siro46 / PIXTA

【あわせて読みたい】