オシャレすぎるファミマの「北欧アイス」を食べてみた!【今週のコンビニグルメ】

「アンディコ kippisクリームチーズアイス」、「北欧ベリーミックスソースがけクリームチーズケーキ」(ファミリーマート)

コンビニの食品はどれもコスパがよく、おいしいものばかり。毎週さまざまな新商品が発売され、舌の肥えた食通たちをうならせている。本稿ではそんな〝コンビニグルメ〟の中から選りすぐりの商品をピックアップし、魅力をお伝えしていこう。

今回注目したのは、11月24日にファミリーマートから発売された『アンディコ kippisクリームチーズアイス』。「北欧」をテーマとした一風変わったアイスで、ライフスタイルブランド『kippis』と『栄屋乳業株式会社』がタッグを組んで開発された。

オシャレかわいいパッケージにうっとり♪

「アンディコ kippisクリームチーズアイス」(ファミリーマート)

まず目を奪われるのは、色彩豊かでナチュラルなパッケージデザイン。「kippis」の中でも人気が高いハート柄と動物柄、花柄をパッケージに採用しており、好みによってデザインを選べるようになっている。

さらに同商品には、北欧産のリンゴベリーとデンマーク産のクリームチーズを使用。パッケージの北欧テイストだけでなく、素材の産地にもこだわっているため、肝心の味にも期待が高まる…!

早速パッケージを開封してみると、ふんわりとベリーの香りが鼻腔を刺激。クリームチーズのアイスなので、ベリー全開のさわやかな香りではなく、少しマイルドになっているようだ。

ひと口かじりつくと、歯触りは意外にもモチっとした印象でびっくり。ミックスベリーだけだとシャリシャリしそうだが、クリームチーズ要素が入っているのでバニラアイスのような濃厚な口当たりを楽しめる。

最初のひと口ではベリーのさわやかさ、後味にはクリーミーなチーズケーキの味わいが感じられた。しかし何度か食べているうちに、ベリーとチーズケーキの比率が毎回変わっていることに気が付く。どうやらアイスがマーブル状になっているため、かじりつく場所によって味わいが変化しているよう。スイーツは途中で食べ飽きてしまう…という人も、これなら問題なく完食できるだろう。

シャーベットとミルクアイスのいいとこ取りをしているため、フレッシュさとまろやかなテイストの両方を楽しみたい時にうってつけ。また直径10cmほどで、小さめの食べきりサイズなので、休憩時間にサッとアイスを頬張りたい人にもオススメだ。