白いけどカレーの味はするの…? セブン新商品『白いキーマカレー』を実食レビュー

「クワトロチーズソースの白いキーマカレー」(セブンーイレブン)

緑色のグリーンカレーやオレンジ色のバターチキンカレーなど、カレーにはさまざまなカラーバリエーションがある。しかし〝白いカレー〟を見たことがある人は、少ないのではないだろうか?

12月15日に『セブン-イレブン』から発売された『クワトロチーズソースの白いキーマカレー』は、純白の雪のように白い色をしたカレー。一見カレーとは思えないほどの、インパクトの強い見た目だ。どこにキーマカレー要素が隠れているのか、そもそもカレーの味はするのか…詳しくレビューしていこう。

キーマカレーはどこに隠れてる?

「クワトロチーズソースの白いキーマカレー」の特徴は、なんといっても斬新すぎるビジュアルだろう。キーマカレー要素を探そうと思い、フタを開けてまじまじと見てみるが、全くわからない。ほのかにカレーの香りはしてくるが、それよりもチーズの香りが強く、「カレー炊き込みご飯なのかも?」と変な想像までしてしまう。しかし、よく確認してみると容器はセパレート式になっており、下部分からはお米が登場。となると、真っ白いソースの部分にカレーが隠されているはずだ。

ご飯と合わせる前に、電子レンジ500wで3分加熱。慎重にご飯の上に白いルーらしきものをかけていく。この工程でもまだキーマカレー部分は姿を現さない。もしかして違う商品を買ってしまったのかも…。

半ばヤケになって、上澄みをスプーンですくってみると、なんとチーズだったようで、かなりの「伸び」にびっくり! チーズにはゴーダ・モッツァレラ・パルメザン・クリームチーズが使用されているらしく、クリーミーでコクの深い味わいを楽しめる。チーズ自体にうまみがあるので、なんならキーマカレーがなくてもご飯とチーズだけでどんどん食べ進められそう。

登場したのはカレーだけじゃなかった!

スプーンをカレーの中心部まで進めていくと、チーズとは違うちょっぴりごわっとした部分に到達。わかってはいたが、「これがキーマ部分か!」と演技したがら意気込んでスプーンを差しこむと、お肉モリモリのキーマカレーと一緒に、とろっとろの半熟卵も登場…このサプライズは予想していなかった!