最強のハンバーグ決定戦! コンビニ3社が誇る「プレミアムハンバーグ」を独断と偏見で徹底比較

「金の直火焼きハンバーグ 三段仕込みのフォンドボー使用」(セブン-イレブン)、「じゅわっと肉汁!!! 鉄板焼きハンバーグ」(ファミリーマート)、「肉厚! ジューシーハンバーグ」(ローソン)

「好きな食べ物ランキング」を作れば、おそらく上位に食い込むであろう魅惑の食べ物・ハンバーグ。老若男女問わず、その魔力にとりつかれている人は多いだろう。最近では、コンビニでも手軽においしいハンバーグを購入できるのがうれしいところだ。

そこで本稿では、大手コンビニ3社が販売しているハンバーグを実食し、「最強のハンバーグ」を決定していきたい。“最強”の名にふさわしく、ハンバーグはプレミアムタイプをチョイス。取り上げるのは、セブン-イレブンの『金の直火焼きハンバーグ 三段仕込みのフォンドボー使用』、ファミリーマートの『じゅわっと肉汁!!! 鉄板焼きハンバーグ』、ローソンの『肉厚! ジューシーハンバーグ』の3点だ。

エントリーナンバー1:「金の直火焼きハンバーグ 三段仕込みのフォンドボー使用」

「金の直火焼きハンバーグ 三段仕込みのフォンドボー使用」(セブン-イレブン)

『金のビーフカレー』や『金のチーズピッツァ』など、“金”シリーズが好評を博しているセブン-イレブン。ハンバーグバージョンである「金の直火焼きハンバーグ 三段仕込みのフォンドボー使用」も当然大人気で、ネット上では《仕事を頑張ったご褒美として買いたいと思うぐらいおいしい》《これはもうリピ確定の味》《ソースがおいしくて食べごたえ抜群!》といった声が上がっている。自然と期待が高まり、電子レンジで温める時間をとても長く感じてしまう…。

開封してお皿に移すと、デミグラスソースのかぐわしい香りが鼻にふわっと届く。すかさず成分表をチェックすると、そこには「黒トリュフ」の文字が。高級感あふれる香りは、もしかしたら黒トリュフによるものなのかもしれない。そして、見た目はツヤッツヤのテリッテリ。これがおいしくないわけがない。

実食してみると、ぎっしりと肉が詰まった食感を楽しめる。さらに“ギュウ! 牛! ギュウ!”と旨みが押し寄せ、肉が口の中で踊り狂うことに。唯一残念なのは肉汁が少なめなところ。パサつきこそないものの、なめらかな舌触りとは言い難い。

ソースをたっぷりまぶすと、コクのある味わいが口いっぱいに広がっていく。ソースは甘辛く、濃厚さが際立っているので、パンにもご飯にも合いそう。最後のひとすくいまで舐め尽くしたくなるほどのクオリティだった。

■「金の直火焼きハンバーグ 三段仕込みのフォンドボー使用」総評

味:★★★★★
香り:★★★★★
肉汁:★★☆☆☆

エントリーナンバー2:ファミマの「じゅわっと肉汁!!! 鉄板焼きハンバーグ」

「じゅわっと肉汁!!! 鉄板焼きハンバーグ」(ファミリーマート)

2品目はファミリーマートの「じゅわっと肉汁!!! 鉄板焼きハンバーグ」。肉汁のあとに「!」を3つもつけるぐらい、肉汁推しらしい。“じゅわっと”の語感も実に魅力的で、食べる前からワクワクが止まらない。

電子レンジで加熱後、袋をひっくり返して出てきたのは、ごろりと大ぶりなハンバーグ。サイズ感は3社中トップである。香りは少々弱めで、鼻を近づけないとデミグラスソース独特の匂いがしなかった。

まずは一口。すると、あまりのやわらかさに驚愕してしまう。とにかくふわっふわで、何をどういう配合で混ぜたらここまでやわらかくなるの!?と疑問が浮かぶほど。もはや噛まなくていいレベルで、「ハンバーグは飲み物です」と言えるぐらいジューシーだった。

ナイフで切り分けて食べ進めようとするも、やわらかすぎて形が崩れてしまう。ソースをからめるのも一苦労だ。ソースはセブンに比べるとややあっさりしているので、肉そのものの味が引き立つ。付け合わせの野菜につけて食べると、ちょうどよいバランスに。ハンバーグと一緒に、お好みの野菜を購入しておくといいかもしれない。

■「じゅわっと肉汁!!! 鉄板焼きハンバーグ」総評

味:★★★★☆
香り:★★★☆☆
肉汁:★★★★☆