最もウマい「コンビニパスタ」はどれ? 味・食感・香りから徹底的にジャッジ!

「大盛!明太マヨネーズパスタ」(ローソン)、「和パスタ 鶏塩焼きとわさび」(ファミリーマート)、「大盛!ベーコンとソーセージのペペロンチーノ」(セブン−イレブン)

忙しい社会人や一人暮らしの人間にとって、コンビニ飯は毎日の生活に欠かせないもの。外食と変わらないほどクオリティが高く、豊かなバリエーションの料理を楽しめるのが大きな魅力だ。とくに「パスタ」は、不動の人気を誇るメニューと言えるだろう。

大手コンビニ3社では日夜さまざまなコンビニパスタを供給しているが、実際のところどれが一番おいしいのだろうか? 今回はいま最も人気のあるパスタをピックアップし、それぞれを実食。独断と偏見にもとづいて、コンビニパスタの最高峰を決定していきたい。

エントリーナンバー1:明太マヨの王道コンビ!「大盛!明太マヨネーズパスタ」

「大盛!明太マヨネーズパスタ」(ローソン)

トップバッターは、ローソンから販売されている『大盛!明太マヨネーズパスタ』。大盛りと銘打ってあるだけあって、女性だと1人で完食できるか不安なボリューム感。容器は平べったいが隅々まで麺で覆いつくされており、明太子とたらこの量もちょっとしたパーティー並みだ。

電子レンジで加熱して取り出すと、温める前よりもマヨネーズと明太子の香りが強烈に! 海鮮丼のような潮っぽさを感じる香りなので、会社のお昼休みや家で食べるといいリフレッシュになるかも。

豪快に明太子・たらこ・マヨネーズ・海苔を混ぜていただくと、もっちりとした食感が最初に伝わってくる。続けて、たらこが口の中で弾ける歯ごたえや、加熱されたマヨネーズの香ばしい風味が次々と脳を刺激。たらこや明太子だけでは淡白になりがちだが、マヨネーズによってコク深さが格段にアップしているようだ。

明太子の辛さをひそかに懸念していたが、口に入れた直後はとくに感じられず、飲み込んだ後にじわじわと辛さが効いてくる。ソース自体はまろやかな味わいなので、辛いものが苦手な人でも食べられるだろう。

■「大盛!明太マヨネーズパスタ」総評

味 ★★★★☆
食感★★★★★
香り★★★★★

エントリーナンバー2:ツーーーン!がクセになる「和パスタ 鶏塩焼きとわさび」

「和パスタ 鶏塩焼きとわさび」(ファミリーマート)

2番目のエントリーは、ファミリーマートの『和パスタ 鶏塩焼きとわさび』。通年発売しているわけではなく、今年11月末にリニューアルして発売された。

すでに登場から時間が経っているが、SNS上では連日のように同商品への反響が続出。《これは何だ!? ツーンどころの話じゃないぞ! でもうますぎる…!》《ツーンを通り越して頭ズキズキしちゃうけど、パスタがうますぎて何度も買っちゃう!》《こんなにおいしい和風パスタは初めて食べた!》といった悲鳴まじりの歓声が上がっている。わさび好きの筆者としては、見逃すわけにはいかない…!

500wの電子レンジで3分間温めてフタを開けると、わさび独特の香りが部屋いっぱいに充満! だしつゆと醤油、そしてわさびが交じった和風一色の香りに、食欲がグングンそそられてしまう。

上に添えられているわさびをしっかり混ぜてから食べてみると、ガツン!と辛さが襲ってくる。1テンポ遅れてやってくるわさびの辛さは、何度食べても慣れることなく、毎回「辛い! でもうまい!」とフォークが進んでしまう。魅力がありすぎるぞ、わさびパスタ…。

トッピングの鶏塩焼きも、期待以上のふわふわジューシーなお味。和風でさっぱりと仕上げられているため、パスタの邪魔になっておらず、むしろ「肉要素ありがとう…」と合掌したくなってしまう。寿司以外でもわさびのツーン!を感じたい人には大満足のパスタだろう。

■「和パスタ 鶏塩焼きとわさび」総評

味 ★★★★☆
食感★★★☆☆
香り★★★★★