セブンの『409キロカロリー』に脱帽! コンビニの“サクサクスイーツ”を食べ比べてみた結果…

「サクサク食感クルーラー」(セブン-イレブン)、「アンサーク -あんこ&苺みるくのサクサクサンド-」(ローソン)

ふわふわ・しっとり・パリパリ…一口にスイーツといってもさまざまな食感が存在し、人によって好みが異なるもの。中でも“サクサク”スイーツは食べごたえがあり、他の食品では替えが効かない魅力がある。

今回ご紹介するのは、そんなサクサク派の人にオススメしたい新食感スイーツ。セブン-イレブンから発売された『サクサク食感クルーラー』と、ローソンから発売された『アンサーク -あんこ&苺みるくのサクサクサンド-』の2商品だ。

欲望にまみれたチョコクルーラー!

「サクサク食感クルーラー」(セブン-イレブン)

セブン-イレブンから発売された「サクサク食感クルーラー」は、生地にココアが使用されたドーナッツ。パッケージを開けてみると、まず感じられるのはチョコレートの強烈な香り。甘いものが好きな筆者にとっては嬉しい限りだが、やはり甘ったるいテイストになっていないか気になるところ。早速ひと口食べてみると、咀嚼してすぐにチョコレートのあま~いテイストが口の中に広がってきて大興奮! さらに「サクサク食感クルーラー」の名に恥じないほどのサクサク具合が感じられて、早くも心が満たされてしまった。

生地はのっぺりとしたテイストを想像していたが、意外にも空気がしっかりと含まれていてふんわりとした食感。チョコレートやココア生地がしつこすぎることもないので、牛乳やコーヒーをお供にしながら食べるおやつにちょうどいいかもしれない。

ちなみに同商品はパンコーナーに陳列されているが、食べる直前まで冷蔵庫に入れておくのもオススメ。生地のサクサク食感に加えてチョコレートをかみ砕くザクザクの歯ざわりも感じられるので、気になる方は試してみてはいかがだろうか。

「サクサク」から「なめらか」へ…

「アンサーク -あんこ&苺みるくのサクサクサンド-」(ローソン)

ローソンから新たに発売された「アンサーク -あんこ&苺みるくのサクサクサンド-」は、あんことパイ生地の異色コラボが楽しめる和洋折衷スイーツ。パイ生地はこげ茶色に香ばしく焼かれており、パッケージを開けた瞬間から焼き立てのような香りが鼻腔を刺激してくる。

パイ生地の間には「つぶあん」、北海道産生クリームが入った「練乳みるくクリーム」、そしてストロベリーをサンド。ざくっとひと口食べてみると、上のパイ生地はキャラメリゼで香ばしく感じられ、中間のパイ生地はもっちりとした食感だ。生クリームとあんこが口の中で絡んでくれるので、ザクザク食感から徐々になめらかな味わいへと変化していく。

包丁で丁寧にカットすると何層にも重なっているパイの断面図が登場し、ビジュアルの美しさにも目が奪われてしまう……。中心に入っているイチゴはほどよく酸味があり、あんこの甘みとマッチして甘酸っぱい味わいを演出。完食するのが名残惜しくなってしまうくらい完成度が高く、何度でも食べたくなってしまうスイーツに仕上がっていた。

今回取り上げた商品

「サクサク食感クルーラー」(セブン-イレブン) ……409kcal
「アンサーク -あんこ&苺みるくのサクサクサンド-」(ローソン)……243kcal

どちらもサクサク感を大事にしているため、スイーツでありながらどこか新鮮さやフレッシュさを感じられる。ただ、両方とも駄菓子並みの甘さとなっているため、食べる時はコーヒーや牛乳などのドリンクを用意しておくことをお忘れなく。
※商品は地域や店舗によって取り扱いがない場合があります。

文=彅野アン
写真=彅野アン(まいじつエンタ)

【あわせて読みたい】