大人気『すみれ』のおむすびも! 今食べるべきセブンの「注目おむすび3選」をピックアップ

「札幌すみれ監修 特製チャーハンおむすび」「銀座デリー監修 スパイシーカレーおむすび」「濃厚豚骨ラーメン御飯と半熟煮玉子おむすび」(セブン-イレブン)

日々、目まぐるしい進化を遂げているコンビニのおむすび。かつては「コンビニの商品ばかり食べていたら飽きてしまう」という風潮もあったが、最近では新作やコラボ商品が次々と登場し、人々を飽きさせない仕組みとなっている。

今回はそんなおむすびの中から、今食べるべき注目の商品をご紹介。セブン-イレブンで購入できるおむすびにおいて、筆者が「これだ!」と思うものを3つ厳選し、実食レビューしていこう。

「すみれ」の人気チャーハンをおむすびに!

「札幌すみれ監修 特製チャーハンおむすび」(セブン-イレブン)

厳選おむすびの1つ目は、昨年12月に再登場した『札幌すみれ監修 特製チャーハンおむすび』。同年8月に発売されたおむすびの復刻版で、再発売が決定した際にはネット上で《すみれチャーハン再販はテンション上がる! カップ麺と一緒に去年の夏に食べてたのが懐かしいわ》《復活ありがとうございます! 絶対に食べます!》《っしゃああ! またすみれのチャーハンがセブンで買える!》と話題を呼んでいた。

チャーハンがベースになっているので海苔は巻かれておらず、おむすびの真ん中に刻み紅しょうががトッピングされている。パッケージを開封すると、まず感じられるのは紅しょうがのフレッシュな香り。紅しょうがたっぷりのチャーハンが好きな人には、見た目も香りもたまらない一品だろう。ひと口味見してみると、お米のパラパラ具合が絶妙で言葉を失ってしまった。1つひとつのお米が粒立っており、反比例するように卵がふんわり仕上がっているのも好印象。中に入っているチャーシューは加熱することで脂が染み出て、チャーハンの味わいをより奥深いものにしてくれる。

老舗カレー専門店がおむすびを監修!

「銀座デリー監修 スパイシーカレーおむすび」(セブン-イレブン)

続いてピックアップしたのは、昨年12月22日に発売された『銀座デリー監修 スパイシーカレーおむすび』。名前にも入っているように老舗カレー専門店の『銀座デリー』が監修を務めており、おむすび1つの中に10種類以上のスパイスが使用されているという。パッケージには「辛さにご注意ください」の文字が書かれているため、どの程度の辛さなのか気になるところだ。

先にカレー部分だけ食べてみると、口に入れた時より飲み込んだあとに辛さがじわあっと広がってきた。よくよくおむすびを観察すると、目視できるくらいしっかりと香辛料が使われている。しびれや辛さが交互に押し寄せてくるので、辛い食べ物が好きな人にとっては万々歳のおむすびだろう。

カレーのお肉部分が多いためか、ご飯とのバランスもバツグン。ターメリックライスのやさしい味と、刺激的なカレーのコラボレーションは、何度でも食べたくなってしまう味に仕上がっていた。