「キラキラ女子」はテレワークよりも出勤派? 男が理解できない”その理由”とは…

(C)PIXTA

みなさんは“キラキラ女子”という言葉をご存知だろうか。仕事やプライベートの過ごし方に高いプライドをもち、他の女性から羨望の眼差しを受けている女性のことだ。近頃では新型コロナの感染拡大によって、彼女たちにとある異変が生じているという。

一刻も早くコロナを収束させるため、世間ではリモートワークが盛んに推奨されている状態。在宅勤務になり、毎日の通勤に苦しんでいた社会人からは喜びの声が上がっている。しかしキラキラ女子の心中は複雑であるらしい…。

Twitter上では、とあるユーザーがリモートワークをめぐる実情を紹介。「一等地の巨大ビルで働く」ことを仕事のモチベーションとしている人々が一定数存在するとして、《テレワークでなく出勤したいという声も出てるらしい》と綴っている。そして投稿者自身も、《交通費も出るし帰りにお買い物もできるしランチも美味しいとこ行けるし、そこに需要があるのも何となくわかる…》と共感を語っていた。

たしかに普段の生活が充実しているキラキラ女子からすれば、行動を制限される“リモートワーク”は、少し窮屈なのかもしれない。

投稿者と同じように思っている人も多いようで、《確かにそうですよね! OL時代はシャンとした服装、ヒールの靴、髪のセット、美味しいランチや大型ビルで働く自分が好きでちゃんとしてました》《これめちゃくちゃ分かる。私は丸の内OLになるために今の会社に入ったと言っても過言ではない》《コロナは怖いけど完全にこれ。“港区キラキラOL”ぶってる自分は好き》《リモートはすごく楽なんだけど、私はあのオフィスにキチンとした格好で行くのが好き》などと、賛同の声が上がっている。

オシャレな職場でモチベアップ? 出勤を望む心理とは…

東京未来大学は2018年11月9日~11月12日にかけて、「仕事のモチベーション」に関するアンケート調査を実施。転職経験のない社会人3年目の男女、300名を対象として、さまざまな質問を行った。

その結果を見てみると、女性は男性よりも職場環境によってモチベーションが左右されていることが分かる。「どのようにオフィス環境が充実していればモチベーションが上がりますか?」という質問に対して、「景色が良い」と回答した女性は22.7%。男性は12.7%と、半分以下の割合となっている。

また「人に自慢できるスペースがある」は女性24%、男性11.3%。「新築のビルである」は女性19.3%、男性10.7%と、圧倒的に女性の比率が高くなる結果に。オフィス環境が仕事のモチベーションに直結している女性は、かなり多いようだ。

仕事のモチベーションはやりがいや金銭だけでなく、「なりたい自分になる」という自己実現とつながっているもの。キラキラとした生き方を求めて働くのは、なんらおかしいことではないだろう。

とはいえ、今は緊急事態宣言の真っ只中。自宅で仕事をするのはつらいかもしれないが、キラキラ女子には感染拡大を防止するためにもう少し我慢してもらう必要がありそうだ。どうしてもやる気が出ないという人は、他人に自慢したくなるような“キラキラ仕事部屋”を作ってみてはいかがだろうか…。

文=城門まもる

【画像】

metamorworks / PIXTA

【あわせて読みたい】