Ado地上波テレビ出演! 録音環境を公開してファン大興奮「思ってた10倍広い…」

(C)PIXTA

2月5日の深夜に放送された『バズリズム02』(日本テレビ系)に、話題のシンガー・Adoが出演。録音環境を公開し、ファンが大興奮している。

昨年10月にリリースした楽曲『うっせぇわ』によって、鮮烈なデビューを飾ったAdo。彼女は「10代が選ぶ注目の10代アーティスト」として、崎山蒼志とともに番組へ出演した。

番組内では名前の由来について、〝狂言〟からつけたことを明かす。アドとは、狂言のシテ(主役)に対する相手役・脇役のこと。今回の放送で由来を初めて知った人も多く、視聴者からは《Adoさんの名前の由来そっから来てるのか びっくり》《能の主役のシテじゃなくて脇役のアドが名前の由来なのエモくないですか…》《小学校の国語の授業で「柿山伏」を習った時にアドとシテを知り、カッコイイと思ったのがAdoさんの名前の由来ってなんか色々すごい》といった驚きの声があがっていた。

伝説のクローゼット公開で大盛り上がり

さらにファンの注目を集めたのが、音楽部屋にしているという〝自宅クローゼット〟を公開したこと。以前出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも、クローゼットで録音していることを明かしていたが、その部屋が公開されるのは、今回が初だと思われる。

さらにAdoは番組放送中にツイッターを更新し、クローゼットの画像をアップ。するとファンからは《クローゼットの中、初めて見た…。ここでレコーディングしてると思うと感動します》《Adoさんクローゼット広すぎん!?》《思ってたクローゼットの10倍広い…。めちゃくちゃ充実してるじゃないですか…。しかも、ちとエモいじゃないですか…》《クローゼット完全防音使用だ》《いやまって本当にクローゼットで歌ってるとか可愛すぎる》《うわぁぁ! これが伝説のクローゼット!!!》といった大興奮の声が続出していた。

今後の活動にますます注目が集まるAdo。売れっ子になったら、エモい録音環境は変わってしまうのだろうか…。いずれにせよ、自分に合った環境で活動をしてほしいものだ。

文=雪之丞

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】