“おうち居酒屋”を楽しむ最強おつまみ! 醤油&塩の唐揚げスナックを食べ比べ

「ひとくち居酒屋おつまみ丸 唐揚げ味」(おやつカンパニー)、「瀬戸しお 至高の唐揚げ」(栗山米菓)

外食が減り、家での時間が増えているこのご時世、オンライン飲みやおうち居酒屋の注目度が高まっている。とはいえ「毎回おつまみを作るのはめんどくさい!」「すぐにお酒を飲み始めたい!」という人も多いだろう。

そこで今回は、最近発売された〝おつまみスナック〟を2つピックアップ。どちらも唐揚げをモチーフにしており、お酒との相性が抜群だ。実際に食べ比べながら、その魅力を解き明かしていこう!

口に入れると居酒屋にワープ!

「ひとくち居酒屋おつまみ丸 唐揚げ味」(おやつカンパニー)

1つ目に選んだのは、2月1日から全国で発売されている『ひとくち居酒屋おつまみ丸 唐揚げ味』。名前の通り唐揚げをモチーフにしており、見た目はベビースターラーメンの『ラーメン丸』にそっくりだ。お値段は店頭想定価格で1つ140円(税別)。

カップを開けると、全部で25個ほどのおつまみ丸が登場。早くもこうばしい香りが鼻腔を刺激してくる。醤油とにんにくの香りが濃厚なので、ビールやレモンチューハイがほしくなってしまうではないか…!

まずはそのまま食べてみると、最初に感じられるのは「ラーメン丸」のようなザクザクとした食感だった。かみ砕くとにんにくのコクがじわじわ出てきて、お酒を飲む手とおつまみを口に運ぶ手が止まらない! 醤油とにんにくの香りが強めなので、後味はしっかり唐揚げ風。居酒屋で唐揚げをバクバク食べているような気持ちになってきて、大満足だ。

そのまま食べるだけでも十分だが、アレンジを効かせてもおいしくいただけそう。マヨネーズやソースで味つけしてみる、砕いてサラダに乗せてみる、皿うどんにぶっかけてみる…などなど、無限大の可能性が秘められている。

塩味verの唐揚げはいかが?

「瀬戸しお 至高の唐揚げ」(栗山米菓)

2つ目に紹介するのは、『瀬戸しお 至高の唐揚げ』。SNSやメディアで話題を集める料理研究家・リュウジが監修を務めた一品だ。

袋を開けると中には15枚ほどの揚げせんべいが入っており、香りがかなり本格的。鼻を近づけて嗅いでみると、塩気が強いためまるで本物の唐揚げのようだ…! 早速1枚食べてみると、軽めの口当たりで一安心。これならお酒を飲みながらでも、胃もたれせずにバクバク食べられちゃいそう。

1品目の「ひとくち居酒屋おつまみ丸 唐揚げ味」に比べると、にんにく感が控えめ。オフィスや学校でも、においを気にせず食べられるだろう。希望小売価格で100円前後とリーズナブルな設定なので、いくつかまとめ買いしてもいいかもしれない。

今回取り上げた商品

「ひとくち居酒屋おつまみ丸 唐揚げ味」(おやつカンパニー)……287kcal
「瀬戸しお 至高の唐揚げ」(栗山米菓)……240kcal

ちょっぴりにんにくの風味が強い「ひとくち居酒屋おつまみ丸 唐揚げ味」と、さっぱり塩味の「瀬戸しお 至高の唐揚げ」。さあ、今夜はどちらの唐揚げおつまみを購入してみようか。
※商品は地域や店舗によって取り扱いがない場合があります。

文=彅野アン
写真=彅野アン(まいじつエンタ)

【あわせて読みたい】