『PUI PUI モルカー』“AKIRAオマージュ”に歓喜の声!「摩擦煙に敬意を感じた」

(C)PIXTA

SNS上で話題になっているフェルトアニメ『PUI PUI モルカー』(テレビ東京系)第8話が、2月23日に放送された。作中で、歴史的傑作アニメ『AKIRA』を彷彿とさせるシーンが登場し、歓喜の声が続出している。

今年1月に放送が始まった『PUI PUI モルカー』の舞台は、モルモットが車になった世界。普通の車は登場せず、すべての人間が〝モルカー〟に乗って移動している。

第8話『モルミッション』で描かれたのは、囚われたモルカーを救うべく、テディたちが大活躍するストーリー。モルカーを救い出し、ヘリに乗り込もうとするのだが、空を飛ぶサメ型のメカに攻撃を受け、ヘリが墜落してしまう。道路を全速力で走るモルカーたちだったが、テディは踵を返して敵と応戦。空中戦を繰り広げ、見事に勝利するのだった。

ついに『モルカー』でも金田オマージュが!

このテディが踵を返すシーンが、『AKIRA』の金田によるバイクブレーキシーンにソックリ。SNS上には《朝からモルカーのAKIRAを観ることが出来る天皇誕生日、わけわからなくてすごい》《モルカーのひと、絶対AKIRA好きでしょ…》《モルカーで大スペクタクル巨篇見せられることになろうとは…。テディのAKIRAは流石に草生えた》《モルカーは四輪なのに、AKIRAスライドブレーキ時の摩擦煙は三本と、オマージュ元への敬意を感じました》といった興奮の声があがっていた。

この『AKIRA』の「金田バイク・スライドブレーキ」は名シーンとして語り継がれ、『ドラえもん』や『ポケモン』などなど、さまざまなアニメに引用されている。

また、『モルカー』には以前にも『AKIRA』が登場したことがある。それは2月2日に放送された第5話『プイプイレーシング』でのこと。モルカーたちのレースが開かれる話なのだが、観客席に『AKIRA』のポスターをオマージュしたポスターが貼ってあるのだ。

『PUI PUI モルカー』には、他にも名作映画のオマージュと思われるシーンや小物が大量に登場する。監督の見里朝希が影響を受けた作品を探してみるのも、この作品の楽しみ方だと言えるだろう。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Look Studio / PIXTA

【あわせて読みたい】