『はじめの一歩』1332話“宮田一郎”登場! 階級変更で一歩との対戦はナシに…?

(C)PIXTA

3月3日発売の『週刊少年マガジン』14号に、ボクシング漫画『はじめの一歩』の最新話1332話が掲載された。最後のページに幕ノ内一歩のライバル・宮田一郎が登場し、さまざまな憶測を呼んでいる。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

物語は、鷹村守とキース・ドラゴンによるスーパーミドル級世界戦がゴング間近。しかし、描かれたのは前座試合だった。

今回の話には、実在するボクサー・渡部大介と、トレーナー・小口忠寛が登場している。漫画登場の経緯は、渡部選手が『はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント』を優勝し、副賞の『はじめの一歩登場権』を獲得したからだ。

漫画内で渡部選手は、右パンチで相手をKO。試合前に会話を交わした一歩ら鴨川ジムの面々は、渡部選手の勝利を喜んだ。そして一歩は、「…ついこないだまでボクもリングで」「いや… もうずいぶん昔のことのような気もする」「精一杯やったし 思い残しは一つも…」とボクシングを懐かしむ。

しかし「一つだけあるとしたら」「あの約束を果たせなかったことだ」と胸の内を吐露すると、宮田のシルエットが登場。次の最終ページには、本物の宮田の姿があった…。

“約束の男”宮田一郎登場の意味は…?

この展開に、読者からは《み、宮田く~~~ん!?》《宮田一郎がでてきてドキッとしてしまった。ああいうクールなイケメン好きなんだよな》《一歩が宮田くんの事ガチで好き過ぎて、読者すら微妙に引いてしまうこの熱量いいよな》《これから鷹村の試合なのに宮田は一歩に何を? 一歩、早く自分の気持ちに気付け》といった興奮の声が続出している。

しかし一方で、《やっと宮田くんの階級上げます宣言だな。これで話が進むね》《宮田くんは階級を上げてくれ~》《宮田くん…おねがいだから…階級あげて…》といった声も。宮田はフェザー級の一歩と再戦を夢見ており、自身のベスト階級はライト級にも関わらず、無理な減量でフェザー級に留まっているのだ。

また今号の展開には、《ゴングは無理でも、さすがにリングに上がるくらいはすると思ってたぞ》《何でまだ試合にならないの? がっかりだよ》《試合開始をこんなに引き延ばすってことは、試合展開のアイデアがまだ浮かんでないな》といった苦言も寄せられていた。

宮田が登場したことで、世界戦のゴングがさらに遠のいたかもしれない…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

kohanova / PIXTA

【あわせて読みたい】